農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 本学で第40回毎日農業記録賞表彰式開催

トピックス

本学で第40回毎日農業記録賞表彰式開催

2012.12.21ニュース

NEWS NO.92(2012年度)

本学で第40回毎日農業記録賞表彰式開催

毎日新聞が主催する農・食・環境への思いや体験をつづる作文コンクール、「2012年度(第40回)毎日農業記録賞」の入賞作品が11月6日に発表されました。

全国972編(一般部門205編、高校生部門767編)の応募の中から、一般部門の優良賞に、酪農学部酪農学科応用昆虫学研究室3年生の板原可苗さんが応募した「農業教育」が選ばれました。このほか高校生部門の地区入賞に、とわの森三愛高校アグリクリエイト科機農コース1年生水谷玲美さんの「夢に向かって」、一般部門の地区入賞に酪農学部食品科学科肉製品製造学研究室3年髙橋美有さんの「農業はひと、そしてまちを元気にする」と酪農学部農業経済学科健康科学研究室3年生武照久さんの「無農薬野菜を栽培しての経験と思い」が選ばれました。

12月17日、酪農学園本館4階会議室で、本学園入賞者の表彰式を行い、毎日新聞社の山科武司北海道報道部長より賞状と楯などが贈られました。

IMG_2036-1

山科報道部長は「私は審査員として皆さんの作品を読ませていただきました。皆さんの農業が好きだという気持ちが伝わってきました。今後、みなさんが未来の農業を支えていってくれると期待しています」とあいさつしました。

続いて、酪農学園大学の谷山弘行学長は「すばらしい作品を今度は形にしていってください。そして、日本の明るい農業を作っていってほしい」と激励しました。

また、とわの森三愛高校の榮忍校長は「これからも自分の思いや体験したことを自分の中で終わらせないで、人に伝えていってほしい」と話しました。

IMG_2057-1

IMG_2108-1 IMG_2129

左から髙橋さん、板原さん、水谷さん

武さんと谷山学長

 

●一般部門・優良賞

普通高校出身で農業に携わった経験ない板原さんが、荒地での畑作りに挑戦した思い出を作文にしました。

板原さんは「農業科教員を目指すきっかけとなった高校生のときの体験を書いて賞をいただき、とても嬉しいです。これも岡田正裕先生(教職センター教授)の指導のおかげです。私も先生のような農業科の教員になりたいです」と話ました。

●一般部門・地区入賞

髙橋さんは「私は大好きな地元・滝上町への思いを作文にしました。小さな町でも都会にはない素晴らしいところがたくさんあります。将来は農業教師を目指していますが、生徒たちに自分が育った町をほこりにもてるような教育をしていきたい」と話ました。

表彰式当日にゼミ活動で出席できなかった武さんは、18日に谷山学長から賞状と楯を受け「私が農業高校で、無農薬のタマネギ栽培に挑戦したことが、このような形で評価されたということをとてもうれしく思います」と話しました。

●高校生部門・地区入賞

水谷さんは「まさか入賞すると思っていなかったので驚きましたが、とてもうれしく思います。将来は実家がある厚岸で酪農を継いで、立派な酪農家になれるよう頑張ります」と話しました。

IMG_2100-1

IMG_2147



Recommended

sns sns sns