農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > “酪ネット”による継続的被災者支援プロジェクト活動2012後期報告 気仙沼チーム

トピックス

“酪ネット”による継続的被災者支援プロジェクト活動2012後期報告 気仙沼チーム

2012.12.21
  酪農学園大学学生ネットワーク“酪ネット”による継続的被災者支援プロジェクト活動2012後期報告

日付 2012年 12月19日

氏名 高橋和也 土屋恭平 渕上将弘 高橋万世

記録 高橋和也

□活動内容 ピザパーティ 書き起こし作業

今日の活動は書き起こしと言われる作業と地域住民との交流を目的としたものとしたピザパーティを行いました。

ピザパーティ場所は拠点の場所から少し離れた本吉町内の津谷大沢区振興会館という場所で行いました。マンボウの形をしたピザ釜を作ってくれていたのでそれを用いてピザを焼きました。

9時~12時30分の間は主に材料の仕込みや材料の買い出しを行いました。12時30分ごろからピザパーティが開始され3時ごろに終了しました。4時30分まで現地の片付けを行い、そこから二手に分かれてピザを近隣の住民に配布するグループと以前APCASが現地の被災者に対してインタビューをした内容をまとめる書き起こし作業を行いました。

□感想

今日のピザパーティは現地の人が楽しんでくれて自分としてはやりがいがあった活動でした。しかし今日の活動は決して成功とはいえないと私は思いました。なぜなら今日の夜の反省でもでましたが、自分が考える今日の活動のコンセプトは現地の人とピザパーティを通して交流することだと思いました。私は今日の活動としてはピザを作ったり、運んだり、用意した作業ばかりを行っており地域住民の方たちと積極的に話ができず、そこが今日の悔やまれるところでした。しかしピザを実際に作ってみたりした活動は普段なかなかできない経験なのでいい経験ができたと思いました。

次の日からは活動のコンセプトを良く考え今日のことを生かしてボランティア活動に従事していきたいと思いました。

clip_image002clip_image004



Recommended

sns sns sns