農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 本学の牛が第40回石狩管内肉用牛共進会で最高位賞を受賞

トピックス

本学の牛が第40回石狩管内肉用牛共進会で最高位賞を受賞

2015.07.21ニュース

 NEWS NO.69(2015年度)

本学の牛が第40回石狩管内肉用牛共進会で最高位賞を受賞

 

石狩共進会

 

 7月17日(金)に江別畜産共進会場で開催された、第40回石狩管内肉用牛共進会において、本学肉牛農場から6部門に出品しました。その中で第7部(経産牛48か月以上)に出品した「いちご23」(金忠平-平茂晴-平茂勝)が、経産牛の最高位賞を受賞しました。このほか、第5部(未経産牛18か月以上24ヶ月未満)に出品した「のぞみ26」(隆之国-平茂勝-安平)と、母系群(母子)でも子「むつき26」(勝早桜5-金忠平-平茂晴)と「いちご23」(前出)が優秀賞1席を受賞しました。

 

いちご23

いちご23(金忠平-平茂晴-平茂勝)

 

のぞみ26

のぞみ26(隆之国-平茂勝-安平)

 

むつき26

むつき26(勝早桜5-金忠平-平茂晴)

 

 審査員(北海道酪農畜産協会改良指導課長 岸大輔氏)より、「いちご23」は体と肢のバランスと体積に優れ理想的な体型であるとの、高い評価を得ました。また、「いちご23」の子で第2部(北海道繋養種雄牛および北海道産種雄牛産子の部)に出品(出品頭数1頭)した「むつき26」は、バランスの取れた体型と特に品位の良さが高く評価されました。「のぞみ26」は、発育の良さと豊かな腹容が高く評価されました。今回の成績は、これまでの共進会成績と同様に、交配計画、飼養管理、調教等を担当した歴代学生および在学生の地道な努力が実りました。

 今回優秀賞1席を受賞した3頭は、9月7日(月)に安平町で開催される、第31回北海道肉用牛共進会(全道共進会)に石狩管内代表として出品し、上位入賞を目指します。全道共進会では、第2部に「むつき26」、第5部に「のぞみ26」、第7部に「いちご23」、第9部に「むつき26」と「いちご23」をそれぞれ出品します。



Recommended

sns sns sns