農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > RGU生物図鑑 「ハコネウツギ」

トピックス

RGU生物図鑑 「ハコネウツギ」

2016.06.21ニュース

NEWS NO.46(2016年度)

RGU生物図鑑 「ハコネウツギ」

DSC01754ハコネウツギ(箱根空木)

学名:Weigela coraeensis

スイカズラ科(Caprifoliaceae)

タニウツギ属(Weigela)

 

キャンパスの中央通りと小公園の下に広がるローンの境界に、ハコネウツギの生垣があります。ハコネウツギは開花期を迎えています。このハコネウツギは、初代学長「樋浦 誠」先生の業績を偲び、学園長「仙北 富志和」先生が中心となって植栽したものです。ハコネウツギを通して、学園の発展に貢献された多くの方々に思いを馳せたいものです。

 

 

【特徴】

1. ハコネウツギはスイカズラ科タニウツギ属の1種で、別種にタニウツギがあります。

2. タニウツギ(谷空木)は学名Weigela hortensisといい、梅雨の時期にピンク色の花を咲かせます。

3. 日本各地に自生する落葉低木樹で庭園樹として植栽されている。

4. 道央の開花期は6月で漏斗状の花を咲かせる。

5. 新緑の中で咲く、白い花~淡ピンク色の花はひときわ映えて見える。

6. 名前にハコネとつくが箱根での自生は少ないようです。

7. 茎が中空のため空木(うつぎ)と呼ばれます。

8. 田植えの時期に花が咲くところから「田植え花」としても知られています。

9. 花冠の外側が色濃く、開花しているものより蕾のほうが赤味は強いようです。。

DSC01747




Recommended

sns sns sns