農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > RGU昆虫図鑑「セイヨウオオマルハナバチの侵入と定着」

トピックス

RGU昆虫図鑑「セイヨウオオマルハナバチの侵入と定着」

2016.06.21ニュース

NEWS NO.47(2016年度)

RGU昆虫図鑑「セイヨウオオマルハナバチの侵入と定着」

 

先に紹介したハコネウツギの生垣に、丸っこくて毛のふさふさしたマルハナバチが飛んでいるのか見られました。

花から花へとゆっくり移動し、夢中に蜜や花粉を集めています。よく観察しますと、外来種のセイヨウオオマルハナバチと識別できました。

 

DSC01767

 

セイヨウオオマルハナバチ(西洋大丸花蜂)

学名:Bombus terrestris

ミツバチ科(Apidae) マルハナバチ属(Bombus)

 

 

 

 

 

 

【生態】

1. 丸っこく、毛むくじゃらで、胸部と腹部は黄色と黒色の縞模様があり、腹部先端が白いので容易に識別できます。

2. 腹部第5節から先端までが白い、「真っ白なお尻」はセイヨウオオマルハナバチの特徴です。

3. ハウス栽培の受粉を助ける昆虫として1990年代に導入され、今は野生化が目立つようになり、身の回りでもっとも普通に見られるようになりました。

4. 5月下旬から8月下旬頃までが共同営巣期間です。

5. 在来種のマルハナバチに対し、花などの資源をめぐる競争に強いようです。

6. 高い繁殖力と競争力を持っていますので、環境省は2006年「特定外来生物」に指定しました。

7. モニターを求めていますので、分布の実態を把握し問題解決に協力しませんか?

 

DSC01780 DSC01769
DSC01777 DSC01778



Recommended

sns sns sns