農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 学生が札幌グランドホテルでトマトの販売実習

トピックス

学生が札幌グランドホテルでトマトの販売実習

2016.08.12ニュース

NEWS NO.91(2016年度)

学生が札幌グランドホテルでトマトの販売実習

8月12日(金)午後9時から正午まで、循環農学類農場生態学研究室(園田高広教授)の学生(3年生)4名が札幌グランドホテル1階のショップ前で、トマトの販売実習を行いました。

これは、札幌グランドホテルとの連携協定の一環として実施したもので、学生たちは、生産から販売までのプロセスを体験し、お客様の声を直接聞くことに加え、販売に際してホテルの接客マナーを学ぶことが目的です。

店頭には、学生たちが収穫して選別した後、パック詰めをしてシールを貼った色とりどりの6種類のミニトマトや中玉トマトが並びました。また、販促資材として、手作りのパネルや品種の特徴を書いたリーフレットも用意しました。

学生たちは、通りかかった観光客などに、試食を勧め、品種ごとの特徴を説明しながら、販売を行いました。外国人のお客様も購入していました。
販売は、13日(土)も行います。

左から梅津彰吾さん、髙橋勇太さん、内海晧介さん、上条哲矢さん

左から梅津彰吾さん、髙橋勇太さん、内海晧介さん、上条哲矢さん

梅津 彰吾さん「いろいろな品種を詰め合わせたミックスが一番よく売れます。トマトらしい大きさのMr.野のけっさくも売れています」。

髙橋 勇太さん「身だしなみや言葉づかい、笑顔の作り方などの接客マナーを、前日にホテルスタッフの方に教えていただき、勉強になりました」。

内海 皓介さん「接客や販売は体験したことがないので、最初はぎこちなかったです」。

上条 哲矢さん「外国人のお客様の対応は、言葉の壁があって苦労しました」。

トマト6種

トマト6種

CFプチぷよ グミのような新しい食感で、皮が薄く、果肉も多くジューシー。
見た目もツヤツヤで綺麗なミニトマト。多収なのも特徴。
Mr.浅野のけっさく 開発者の浅野さんが10年の歳月をかけたまさに最高傑作のトマト。
甘さ、うまさを追求したバランスの良い中玉品種。
プリンセスロゼ イタリアの天才育種家といわれるマロウ氏が日本人向けに開発した品種。
色がロゼ色で、味は甘み、酸味ともにちょうど良いミニトマト。
ピッコラカナリア 高糖度で濃厚、とろける食感の黄色いミニトマト。
ベータカロテンを多く含む。
アイコ 細長い形が特徴のミニトマト。
果肉が厚く、ゼリー部分が少ないので、トマトの食感が苦手な人でも食べやすいトマト。
トスカーナバイオレット 紫色のミニトマト。
ぶどうのような皮の薄さとプチッと弾けるような食感が特徴。
研修を生かして接客する学生

研修を生かして接客する学生

【販売実習に参加した学生の意見】
・ 接遇研修でホテルの歴史を学んだことで、顧客層を理解することができ、接遇に活かせた。
・ 甘いトマトは女性に好まれる傾向にあり、酸味のあるトマトは男性に好まれる傾向があった。
・ トマトに対して、「甘み」や「柔らかさ」を重視する消費者が多く、今回のミニトマトでは「CFプチぷよ」は需要が高かった。
・ 紫色の「トスカーナバイオレット」やオレンジ色の「ピッコラカナリア」は、単品での需要は低かったが、サラダの彩りとしての需要は認められた。
・ 世代により、ニーズが異なったことから、販売対象を明確化することで戦略的な生産が可能であると考えられた。60歳代以上は柔らかい(食べやすい)トマトを好む、30~40歳代の男性は歯ごたえがある。トマトや酸味のあるトマトを好む、30~40歳代の子連れの女性は子供が食べたいといった甘いトマトを購入するなど、多様なニーズが伺えた。
・ 今後は、高価格帯の商品開発をすることも重要であると考えられた。
・ 今後は、品種ごとの特徴をレーダーチャートにするなどの工夫をして、商品となるトマトをわかりやすく紹介できるとよいと思った。

 

【販売実習による効果】
・ 経験的に学んできたあいさつや言葉遣いなどに誤りがあることを理解できた。(「代金は、100円になります」⇒「代金は、100円でございます」等)
・ 接遇研修により、接遇の基本が「顧客本位」という点を再確認できた。
・ 販売する場が顧客層に反映し、商品の品揃えなどの戦略が変化することを理解できた。
・ 農業生産(技術開発)にあたっては、最終消費者のニーズを理解する努力が必要であることを認識できた。
・ 農産物の生産・販売にあたっては、年代や性別によりニーズが異なることから、販売対象を明確にする必要があることを理解した。
・ 生産物が消費者にわたるまでの過程が市場流通でなくとも複雑であり、労力が必要であることを学んだ。(トマトは磨いてから出荷すること、パッキング資材や方法を工夫することなど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ミックス

Mr.浅野のけっさく

トスカーナバイオレット

グランドホテル特設会場

接客する学生



Recommended

sns sns sns