農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 2016年度「今日から役立つ食育講座II」を開催

トピックス

2016年度「今日から役立つ食育講座II」を開催

2016.11.17ニュース

NEWS NO.142(2016年度)

2016年度「今日から役立つ食育講座II」を開催

エクステンションセンター生涯学習課主催の「今日から役立つ食育講座II~秋の薬膳料理~」が、10月29日(土)、本学C6号館調理実習室で開催され、29名の参加がありました。

 

IMG_2486IMG_2491

 

今回の講座を担当される食と健康学類の安川澄子教授から、初めに「薬膳」についての説明がされました。

薬膳とは、中医学理論「陰陽五行説」に基づく料理で、自然界は陰陽のバランスでできていて、食物も陰陽を組み合わせて取り入れることで健康が保たれる。また、万物が5つの要素で成り立っていて、互いに影響を与え合うという五行説の考えを基本としていること、季節に合った食材や味付け、調理法で栄養素の整った食事が大切なことについて話されました。

次に、秋は肺やのどが弱りやすく、体が冷えやすいので、肺をいたわり、かぜを予防するメニューの紹介がありました。内容は、体を温めるニラ、乾燥えび、長ねぎ、にんにく、生姜を使った「発芽玄米de炒めごはん」、胃腸を温める鮭、血行を促す小松菜、視力減退によいくこを使った「鮭のしめじソースかけ」、高血圧によいきのこ、咳によい梨や大根を使った「きのこのみぞれ和え」、血行を促す紅花、咳によい卵を使った「紅花スープ」、かぜの予防効果のある陳皮を使った飲みもので、その作り方のデモンストレーションと調理の手順の説明がされました。

説明を受けた後、参加者は3~4名ずつ8テーブルに分かれ、4名の学生からのサポートを受けながら積極的に作業をこなし、5品の料理を完成させました。その後、自分たちで協力し合って作った料理を、談笑しながら味わいました。

 

IMG_2516IMG_2525IMG_2507IMG_2550

 

質疑応答では、病気の家族に食べさせる薬膳料理などについての質問に、安川先生は丁寧に答え、「今日から役立つ食育講座II~秋の薬膳料理~」は無事終了しました。

 

五行色体表

五行
五方 中央 西
五季 土用
五味
五色
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
酪農学園大学エクステンションセンターより(2016.11.02)


Recommended

sns sns sns