農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 2016年度 台湾・国立中興大学スタディツアープログラム開講式

トピックス

2016年度 台湾・国立中興大学スタディツアープログラム開講式

2017.01.20ニュース

 

NEWS NO.185 (2016年度)

2016年度 台湾・国立中興大学スタディツアープログラム開講式

p1380010-1

 

本学では、外国の大学や研究機関と学術交流協定を締結し、研修の受け入れを行っています。このたび、台湾・国立中興大学で獣医学を学ぶ学部生と大学院生4名が、1月16日(月)から2月3日(金)まで短期研修のために来学し、附属動物医療センターで生産動物について学びます。1月20日(金)に開講式が行われました。

 

p1370975-1

シュ・カイチさん
学部4年生

p1370977-1

リ・チャンヤンさん
大学院生

p1370979-1

チン・ウェンユさん
大学院生

p1370980-1

ワン・チンヤンさん
学部5年生

はじめに、竹花一成学長が「日本へようこそ、酪農学園大学へようこそ!本学での実地研修を通じて、さまざまな知識や技術を学ぶと同時に、日本の学生たちと良い関係を築いてください。そして、将来はみなさんが、アジアの獣医学分野でリーダーとして活躍されることを期待しています」とあいさつしました。

 

続いて、研修生と本学教職員が、それぞれ自己紹介を行いました。研修生たちは、「北海道は酪農で有名で、酪農産業が盛んなので、多くの貴重な知識を学べると期待しています」と話しました。本学エクステンションセンター次長の樋口豪紀教授(獣医衛生学ユニット)は、「このプログラムと北海道のウィンターシーズンを楽しんでください」と話しました。その後、竹花学長から記念品が贈呈され、研修生から竹花学長へもプレゼントが贈られました。

 

最後に、研修生と竹花学長、樋口教授の歓談が行われました。中興大学が台湾のどこに位置しているかや、日本での滞在場所、すでに料理にチャレンジしていることなどが、なごやかな雰囲気の中で話題に上がりました。

 

p1370956-1

竹花学長あいさつ

p1370981-1

研修生の自己紹介

p1370990-1

自己紹介する樋口教授

p1370998-1

記念品の贈呈

p1370999-1

記念品の贈呈

p1370997-1

記念品の贈呈

p1370996-1

記念品の贈呈

p1380001-1

研修生からのプレゼント

p1380006-1

中興大学はここです!



Recommended

sns sns sns