農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > その他 > 就職情報 > 学生団体“酪農の和を広げ隊”が酪農業を志す学生の交流会を開催

トピックス

学生団体“酪農の和を広げ隊”が酪農業を志す学生の交流会を開催

2017.01.26その他

NEWS NO.187 (2016年度)

学生団体「酪農の和を広げ隊」が酪農業を志す学生の交流会を開催

学生団体・放牧ネットワーク “酪農の和を広げ隊”主催の「酪農好きは集まれ!酪農大交流会プロジェクト」が、1月14日(土)14時から、中央館2Fロビーにて開催され、19名(うち後継者5名)が参加しました。

 

img_7190-955x1280

代表の髙木洋旗さん(食と健康学類2年)は、「本学の学生を対象に、酪農後継者や新規就農希望者、酪農が好きな人を募り、酪農業に関する情報交換やネットワークづくりを図るものです。また、酪農業を目指す者同士、将来のパートナー探しのきっかけづくりになれば良いと思っています。

参加者からは、「普段の大学生活では、学類が違うと酪農業を志す人たちと話す機会がないので今回話せて良かった」、「サークルでは、酪農についての知識がある人が少なく、深い話ができないのでこのような交流会を開いていただけるとありがたい」などの声があがりました。
交流会開催を振り返って、最初に『1分間交流』で相手の情報・将来の目標などを知り、それがグループワークでの話し合いに役立ち、フリータイムでは興味のある人に詳しい話を聞くきっかけとなりました。また、アイスブレイクでは、グループ対抗で盛り上がり、参加者の緊張をほぐし、それぞれの距離を縮めることができました。交流会全体としては、参加者の感想にもあったように、普段の大学生活では友達と酪農について話をすることがなかったり、話を共有する相手がいない場合が多いことを改めて感じましたので、この交流、会を実行して良かったと思っています。そして、参加者同士がこの交流会で知り合ったことをきっかけに繋がり、共にこれからの日本の酪農業支えていく仲間となっていければ、交流会を行った真の成果が表れたといえるのかもしれないと思っています」と話しました。

 

■酪農大生チャレンジプロジェクト(略称:酪チャレ)→http://www.rakuno.ac.jp/article-50084.html
img_2437-1


1分間交流

アイスブレイク

イス取りゲーム

絵描きしりとり

グループワーク




Recommended

sns sns sns