農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 2016年度 JICA日系研修員の研修成果報告会を開催

トピックス

2016年度 JICA日系研修員の研修成果報告会を開催

2017.02.09ニュース

NEWS NO.192 (2016年度)

2016年度 JICA日系研修員の研修成果報告会を開催

2月8日(水)、本学学生サービスセンターにおいて、南米から来日して本学で研修中のJICA日系研修員2名による研修成果報告会が開催されました。

 

p1380415-1
JICA(独立行政法人国際協力機構)は、中南米の日系社会への支援を目的として、「日系研修員受入事業」を行っています。自治体やNGO、大学、公益法人や民間企業などの団体が、JICAより受託して研修員を受け入れ、研修を実施します。本学では毎年この事業を受託しており、2016年度は、石井智美教授(食と健康学類・臨床栄養学研究室)がブラジルから大谷ロサーナ静江さんを、金子正美教授(環境共生学類・環境GIS研究室)がボリビアから大田愛菜さんを、2016年5月15日から2017年3月4日までの約10カ月間受け入れています。

 

p1380310-1はじめに、本学エクステンションセンターの江口祐子次長が、「これまでには、かつて日系研修員として来学した方が、その後留学生として本学で勉強し、帰国して活躍している事例があります。また、研修員同士の現地ネットワークがあり、それが母国での研究に生かされていると聞いています。今後も、国に帰ったみなさんがさまざまな分野で活躍し、本学で学んだ健土健民思想や三愛精神を、母国で花咲かせていただけることを期待しています」とあいさつしました。

p1380313-1続いて、JICA北海道国際センター・研修業務課の福地健太郎氏が、「このJICA日系研修だけではなく、金子先生にソロモン諸島に行っていただいたり、昨年は石井先生にブラジルに行っていただいたり、酪農学園大学の卒業生の方々が南米に青年海外協力隊員として赴任するなど、幅広いご協力をいただいていることを感謝いたします。研修員のお二人は楽しい10カ月間を過ごしたとの報告を聞いており、今日の発表を楽しみにしています」とあいさつしました。

 

<JICA日系研修員の研修成果報告>

 

p1380341-1●大谷ロサーナ静江さん

(食と健康学類・臨床栄養学研究室 石井智美教授)
「本国の大学で栄養学を専攻しましたが、健康に良いと言われる日本料理に以前から興味を持っており、卒業後もさらに勉強したいと思ってこのJICA研修に応募しました。
酪農学園大学では、学生たちと共にさまざまな授業、実習、実験などに参加しました。その全てが良い経験になりましたが、最も印象に残ったのは調理実習で、日本料理を体験として理解できました。だしの取り方などは、日本に来なければ知ることができませんでした。
100円朝食フェアや、北海道栄養改善学会、京都料理展示会に参加するなど、料理だけではなく日本文化についても学ぶことができました。帰国後は、ここで学んだことを、ぜひブラジルで活用したいと思います。そして、もしまた機会があれば、再び日本で食文化を研究したいと思います。
ゼミ室の研究員や学生たちは親切で、とても仲良くできました。石井先生はお忙しいにもかかわらず、いつも私を気遣ってくださいました。一生忘れられない経験を得られた、この機会をくださったことを、本当に感謝しています」。

image15

調理実習で日本料理を学びました

image45

100円朝食フェアで配膳しました

image44

100円朝食フェアのアンケート分析

image54

京都・金閣寺に行きました

image121

京料理と京文化も学びました

image61

日本の食文化を学ぶ

p1380324-1

石井智美教授による研究概要説明

p1380349-1

研究成果報告

 

 

p1380411-1

記念品を贈呈

 

 

 

p1380372-1●大田愛菜さん

(環境共生学類・環境GIS研究室 金子正美教授)
「私の実家は、ボリビアのコロニア・オキナワ移住地で300haの農場を経営しています。この移住地では、農家の方々はノートに作物や収穫量をメモして、農地を管理しています。その作業に、GIS・GPS・リモートセンシング技術を加えることで、農家の方々をサポートできないかと考え、この研修に応募しました。
研修では、人工衛星の画像データを使用して農地や森林の状態を知る、リモートセンシング技術を学び、魔法のようだと感じました。また、GIS(地理情報システム)でのデータ解析や、ドローンを使って撮影した農地の画像の地図化を学びました。北海道の農業や農地管理の手法も学び、問題点を知ることもできました。
学会に参加したり、地元の小中学校を訪問してボリビアを紹介したり、広島の原爆資料館や鹿児島の種子島宇宙センターを訪れるなど、さまざまな体験や交流ができました。
ボリビアの気候は雲が多いので、帰国後は、衛星画像にドローンで撮影した農地の画像を組み合わせて地図化し、作物の状態を管理したいと思います。はじめは実家の農場から取り掛かり、近隣農家に広げて行ければと思います」。

image5

ドローンについて学ぶ

image57

野幌若葉小学校でボリビアを紹介

image38

種子島宇宙センター

image101

北海道の様々な場所を訪れました

image89

日本のお正月を満喫

image100

犬ぞりに挑戦しました!

p1380364-1

金子正美教授による研究概要説明

p1380386-1

研究成果報告

p1380413

記念品を贈呈

 




Recommended

sns sns sns