農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 女子学生が主体となって、シンポジウム開催に向けて準備中!

トピックス

女子学生が主体となって、シンポジウム開催に向けて準備中!

2017.02.10ニュース

NEWS NO.193 (2016年度)

女子学生が主体となって、シンポジウム開催に向けて準備中!

p1380305-1

 

本学・環境共生学類では、環境共生学外実習の一環として、2月26日(日)に公開シンポジウム「“仕事に就く”ってどんなもん?―国際環境活動・野生動物分野で活躍する女性たち―」を開催します。

このシンポジウムは、環境共生学類2年の7名の女子学生、及川環奈さん、小笠原菜未さん、高橋奈央子さん、田中月菜さん、田中めいさん、堀内美歩さん、吉川絢子さんが主体となって、企画・運営を行っています。自然科学分野へ進学した女子大生や、これから進学を考える女子高生を対象に、環境や野生生物分野で活躍する女性を招いて講演をしていただき、仕事がどんなものなのか、そういった仕事に就くにはどうしたらいいかを知ってもらうことを目的としており、本学では初めての試みです。

 

2月7日(火)には、7名の学生が集まり、シンポジウムの運営方法や、当日来場者から集めるアンケート内容などについての詳細を話し合いました。学生たちは「最初は自分たちがどこまでやらせてもらえるかわからず、手探りのところから始めましたが、私たちの意見をとても大きく反映させてもらっています」「ポスターも自由に作製させていただき、工夫を凝らして良いものができたと思います」「当日に挨拶をしていただく山舗直子先生(発生生物学研究室教授)には、こういうことを話していただきたいという私たちの希望を、とても積極的に受け入れていただいています」と、取り組みの手ごたえを話しました。

 

シンポジウムは60名限定で事前申し込みが必要ですが、道外の大学生や、進学を考える高校生からも申し込みが届いています。

シンポジウム開催の詳細は、下記のページをご覧ください。

http://www.rakuno.ac.jp/article-51689.html

 

p1380266-1

こんなポスターができました!

p1380280-1

いろいろなアイディアを出し合う

p1380161-1

山舗直子教授と研究室で打ち合わせ



Recommended

sns sns sns