農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 放牧ネットワーク主催の酪農シンポジウムを開催

トピックス

放牧ネットワーク主催の酪農シンポジウムを開催

2017.06.01ニュース

NEWS NO.18(2017年度)

放牧ネットワーク主催の酪農シンポジウムを開催

 

5月27日(土)本学A3号館で放牧ネットワーク主催の酪農シンポジウムが開催されました。学生や一般市民の方を含め約70名の方が参加しました。この放牧ネットワークは酪農が大好きな学生達が集まり結成されたグループです。当日は北大や帯畜大からも学生が参加し、自分達の酪農に対する夢や思いを発表したり、本学OBの福神さんからは猿払村での1年間にわたる実習体験が披露されました。また同じ猿払村で酪農経営をしている小泉さんからは酪農を新規就農する場合の資金や返済の実際などユーモアを交えて分かりやすく説明していただきました。途中、興部町から差し入れの美味しいアイスクリームを頂きながら猿払村、興部町、標茶町の3自治体による移住PRとプレゼン人気投票が行われ終了しました。


酪農大1年 岸るみかさん
「牛舎の牛が滑ってケガをしたのをきっかけに、土の上で生き生きと過ごす本来の飼育について改めて考え直しました。」

 


酪農大2年 福地脩平さん
「地元の北標津地区であえて従業員や実習生を増やした酪農を展開し酪農の魅力を発信して次世代に繋げたいです。」

 



酪農大2年濱田みくさん
「地域の人たちとアイスクリームを食べながら少しでも農業に興味を持ってもらい、牛にも人にも愛のある牧場を経営したいです。」

 



北大3年安田翔吾さん

「牧歌的な農場を作るのが夢です。消費者に近い自給が可能な循環的なシステムを作りたいです。」



酪農大3年 大圖真由子さん

「酪農経営を通じて将来的には女性コミュニティを作ったり食の大切さを伝える活動や酪農の魅力を伝える活動をしたいです。」

 


帯畜大4年 鈴木啓司さん

「ニュージーランドで放牧酪農に影響を受け北海道で出来ないか模索してきました。最初は一人で酪農をしなければならないですが、将来は大切な人と酪農をやりたいです。」

 


おこっぺアイスで一休み

 


酪農大OB福神早太さん

猿払村の渡邊牧場で学んだ1年間を赤裸々に語ってくれました。

 


猿払村の現役酪農家 小泉浩さん

新規就農のノウハウをユーモア溢れる説明で話され会場も爆笑です。




Recommended

sns sns sns