農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > お知らせ > (6/28) 大学院獣医学研究科臨床獣医学特殊講義および公開特別授業のご案内

トピックス

(6/28) 大学院獣医学研究科臨床獣医学特殊講義および公開特別授業のご案内

2017.06.07お知らせ

以下、特殊講義および公開特別授業を行います。この授業は獣医師有資格者でもある院生に的を絞ったものですが、伴侶動物の行動問題に興味ある方々ならば誰でも、きっと、得難い時間となりましょう。博士課程2年生の正規授業となりますが、どなたでもご参加ください!

 

開講日時: 2017年6月28日(水)18:00~19:00
開講場所: 酪農学園大学B1-201講義室(調整中)
題  名: 英国における伴侶動物の行動治療、最前線(仮題)
講 演 者 : 菊地三恵 先生(アニマル・ベストフレンズ)

菊地先生は英国リンカーン大学スクール・オブ・サイエンス学研究科博士課程に在学しつつ、国内外で飼い主向けに犬猫の行動治療と子犬のトレーニング教室を主催するほか、犬猫の行動学、問題行動の治療に関して研究し、コンパニオン・アニマルとの共生に必要な行動学の知識を持った人材育成にも取り組んでいらっしゃいます。今回は基本的な情報と最新トピックについてお話し頂きます、なお、菊地先生のご略歴・所属などは次をご参照下さい:MSc CABC(英国サザンプトン大学コンパニオン・アニマル・ビヘイビア・カウンセリング研究科修士課程修了)、英国動物行動学研究会(ASAB)、英国コンパニオンアニマル・ビヘイビアセラピー・スタディグループ(CABTSG)、英国家庭犬トレーナー協会(APDT)認定トレーナー、日本愛玩動物協会講師、元北大獣医学部動物行動学非常勤講師、著書『英国式ペットカウンセリング-愛犬とハッピーに暮らすために-(2003年ブロンズ新社)』『これで解決!愛犬の問題行動(2004年NHK出版)』。

 

連絡先: 酪農学園大学 獣医学群/
兼 同大学大学院 獣医学研究科 博士課程
教授 浅川満彦 askam@rakuno.ac.jp




Recommended

sns sns sns