農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 2017年度 フィンドレー大学スタディツアープログラム閉講式

トピックス

2017年度 フィンドレー大学スタディツアープログラム閉講式

2017.06.09ニュース

NEWS NO.21 (2017年度)

2017年度 フィンドレー大学スタディツアープログラム閉講式

フィンドレー大学の6名の研修生が本学でのスタディツアープログラムに参加し、3週間の研修を行い、6月8日(木)に閉講式が行われました。

 

はじめに、野英二副学長が「この3週間で、みなさんは獣医学分野での米国と日本の違い、あるいは共通点を見出したことと思います。そのような貴重な経験は、これからの研究やキャリアに必ず生きてきます。みなさんの輝かしい未来と、フィンドレー大学と酪農学園大学の繋がりがこれからも続くことを願っています」とあいさつの言葉を述べました。

 

続いて、6名の研修生、グレイス・アン・ノードンさん、カサンドラ・ダニエル・バーバーさん、ミケイラ・リン・ブリースさん、ヘイリー・ドーン・ブライアンさん、レイチェル・ペイジ・エリオットさん、マッケンジー・エリン・ガーナーさんが、3週間の研修成果を発表しました。

附属動物医療センターでの研修では、フィンドレーにはない手術を見られたことや、手術のヘルプに入る貴重な体験ができたことを報告しました。また、日本の食文化を満喫し、さまざまな観光地を訪れ、教員宅にホームステイしたときは子どもたちとUNOを100回以上も楽しんだことなどを写真を交えて紹介し、何度も笑い声が起こる楽しい報告となりました。

報告する研修生たち

附属動物医療センターで

酪農生産ステーションで

みんなでジンギスカン!

浴衣を着てみました

旭山動物園でシカ気分

交流の深い学生、担当教職員を交えてフェアウェルランチが開かれ、名残を惜しみながら会話を楽しみました。

修了証書を授与

本学学生たちからのあいさつ

お世話をした学生たちへ記念品

牛乳で乾杯!

会話が弾む

記念のアルバムを持って




Recommended

sns sns sns