農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > お知らせ > 牛の削蹄競技全道大会開催のお知らせ

トピックス

牛の削蹄競技全道大会開催のお知らせ

2017.08.29お知らせ

 プレスリリース

牛の削蹄競技全道大会開催のお知らせ

牛の削蹄(さくてい)は蹄(ひづめ)の健康を維持し、生産性を向上させるために欠くことのできない飼養技術の一つです。
その削蹄技術を競い合う大会を、関係団体の後援をいただいて、来る9月4日(月)~5日(火)に江別市の酪農学園大学(インテリジェント牛舎)で開催いたします。
乳牛や肉牛の体重は雌で600㎏、雄では1,000㎏にも達し、これを4本の脚で支えています。その重量は最終的にすべて脚の先端の蹄にかかっています。蹄は牛の体格に比べて非常に小さいため、蹄が伸び過ぎるとバランスが悪くなり体調を崩し、乳量や肉質が落ちる原因になります。また、蹄が病気になるとその痛みはヒトの虫歯の痛さに匹敵するともいわれています。伸びた蹄を定期的に削り、形を整える仕事のプロが牛削蹄師で、(公社)日本装削蹄協会の認定削蹄師が技を競うのがこの大会です。
北海道の削蹄技術レベルは極めて高く、ここ10年の全国大会で4度の優勝実績があります。削蹄の業界は開業が主体で、とかく競合し閉鎖的になりがちですが、25年前に北海道牛削蹄師会を設立し、積極的に技術交流した成果がレベルの高さになっていると思われます。裏方として畜産を支える牛削蹄師グループの、日頃の研鑽を広くご紹介いただきたく、取材のご依頼をいたします。

 

1 名 称 第24回北海道ブロック牛削蹄競技大会(第59回全国牛削蹄競技大会予選会)

2 主 催 北海道牛削蹄師会  (会長 阿部 優、会員数 170名) 共 催 (公社)日本装削蹄協会、学校法人酪農学園

3 日程等
・平成29年9月4日(月)(インテリジェント牛舎)
15:20~16:00 削蹄判断競技(歩様や蹄の観察で削蹄方針を決めます)

・平成29年9月5日(火)
08:30 開会式(インテリジェント牛舎)
09:30~10:30 削蹄実技競技(牛の蹄を実際に削ります)
11:00~12:30 牛削蹄技術向上講習会(以下会場は中央館学生ホール)
13:30      表彰式・閉会式

4 場 所 江別市文京台緑町582番地 酪農学園大学
5 参集者 全道の牛削蹄師他 約100名、内選手30名
6 その他 変則ながら来賓のご挨拶とご紹介は、表彰式・閉会式の折に実施いたします。

【お問い合わせ】

札幌市西区二十四軒4条5丁目9-3 北獣会館内

北海道牛削蹄師会事務局長:江口文朗 TEL:011-642-4990、FAX:011-642-3243
eメール:do-eishikyo@bz04.plala.or.jp



Recommended

sns sns sns