農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類

トピックス

西寒水 将助教が枡田賞を受賞

2017.09.28ニュース

NEWS NO.78 (2017年度)

西寒水 将助教が枡田賞を受賞

9月19日(火)に京都大学で開催された第24回日本胚移植研究会大会において、循環農学類の西寒水 将(にしそうず たかまさ)助教(家畜生産改良学研究室)が、人工授精ならびに胚移植を通じて家畜の改良増殖や家畜の人工授精、胚移植および関連分野の研究ならびに技術開発等に顕著な業績のあった人に贈られる枡田賞を受賞しました。枡田賞は、人工授精や胚移植の業務や研究に携わる技術者や研究者にとって歴史と権威のある名誉ある賞です。

 

日本胚移植研究会 今井 裕会長(左)と西寒水 将助教(右)

 

今回の西寒水助教の受賞題目は「熊本県における胚移植技術の酪農家への普及と受胎率向上に関する取り組み」です。西寒水助教が熊本県酪連において新鮮体外胚を用いた黒毛和種子牛生産技術の酪農家への普及に熱心に取り組み、体外受精由来の和牛子牛の生産体制の構築に貢献したこと、日常業務のなかで10,000件を超える膨大な胚移植データを地道に収集し丁寧なデータ分析を行い、その結果を酪農家に還元して胚移植技術の普及に貢献したことが評価されました。また、得られたデータ分析結果を基に学術(研究会)誌および技術普及雑誌に多くの原稿を執筆するとともに、各種講習会等の講師を数多く務め専門技術者養成にも積極的に取り組んだこと、研究成果を国内外の研究会等で発表するとともにシンポジウムの演者も務めるなど、熊本県に止まらず広く胚移植技術の普及に貢献してきたことも高く評価されました。

 

今井会長より 枡田賞を授与

授与された盾



Recommended

sns sns sns