農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 本学学生が日本哺乳類学会2017年度大会で優秀ポスター賞を受賞

トピックス

本学学生が日本哺乳類学会2017年度大会で優秀ポスター賞を受賞

2017.10.06ニュース

 

NEWS NO.84 (2017年度)

本学学生が日本哺乳類学会2017年度大会で優秀ポスター賞を受賞

日本哺乳類学会 2017年度大会が9月8日~11日の4日間、富山大学五福キャンパスにて開催され、環境共生学類4年の板倉来衣人(いたくら らいと)さん(指導:環境動物学研究室 森さやか准教授)が、優秀ポスター賞を受賞しました。


ポスター賞の受賞式        哺乳類学会                                          遠藤 秀紀理事長(左)

○受賞ポスター

題目:「岐阜・長野県産ニホンカモシカにおける異常歯の出現状況と愛知県との比較」

著者:板倉来衣人(酪農学園大学)、川田伸一郎(国立科学博物館)、森さやか(酪農学園大学・環境動物学)


○受賞ポスターの評価

元来低い出現頻度の形態の異常を研究するには、多数の個体を調査する必要があります。
本研究では800点以上と、学部生ながら非常に多くの標本を調査した努力が認められました。


○概要と目的

ニホンカモシカでは、愛知県産の755個体数の歯数異常を調べた研究が2005年にありました。

愛知県個体群は、過去に狩猟によって分布域が縮小され孤立した結果、愛知県個体群は同系交配などにより、異常の出現頻度が高くなった可能性があります。

愛知県に隣接する岐阜県と長野県では、主要個体群が維持されていたため、愛知県個体群と歯数異常の出現頻度を比較し、差異を明らかにするものです。

 

○板倉 来衣人さん

「環境共生学類には形態学や解剖学の研究室がないので、自分のやりたい分野の研究ができないと思っていたところ、学部2年生の時に国立科学博物館での実習で川田伸一郎先生と出会いました。そこで、川田先生に『以前、科博に勤めていた森先生の研究室に所属して、1万点のニホンカモシカの標本を調べに来たら?』 と勧められ、1年ほど前から長期休みに国立科学博物館で標本を調査させていただいています。

1万点の標本のうち、2千点のデータを採ることを目標にしていましたが、作業に時間が掛かり達成はできませんでした。データ上は800点ですが、破損している物もあったので千点は観察しました。本当に気の長い作業に労力を費やしました。何かおかしなことが見つかると最初からやり直しになります。データ入力作業も一苦労です。大変な作業ですが、とにかく骨が好きなので、周りにある標本を見て息抜きをしたり、自分はもう、収蔵庫の一部になっていました(笑)。

形態学の基本は「歯」です。形態学を学ぶには、とにかくたくさんの骨格標本を見ないとはじまりません。そういった意味では、酪農大はあまりに標本が少な過ぎます。何より、博物館がないのはとても残念です。標本を処分してしまうのではなく、収蔵庫など設備・環境を整えて、ぜひ、もっとたくさんの標本を残していってほしいです。

将来は、こういった研究を続けていきたいと思っています。そして、私のように標本を必要としている人たちのため、なるべくたくさんの標本を残し、その価値や魅力を後世に伝えていきたいです」

2017年9月26日掲載        朝日新聞「知の達人たち」(24面) 朝刊 北海道本社より写真提供  http://www.rakuno.ac.jp/article-55760.html

 

○森さやか准教授から一言

「800点以上もの標本を調べるのは、根気のいることです。好きでなければできません。
今回の研究は、科博に大量の標本が収蔵されているからこそ成し得る研究です。標本は収集してすぐに役立つものばかりとは限りませんが、きちんと整理して集積し、後世に残すことは学術的に大切な事です。それが、博物館のもっとも重要な存在意義です。
今回の受賞は、彼の将来の活躍を期待するもので、応援を含めた努力への評価と思いますので、これからもますます研究に邁進していってほしいと思います」


カササギ(朝日新聞提供)

川田さん(左)は、「板倉君の受賞が嬉しくて2箱も標本作っちゃったよ」と一言。

○川田 伸一郎さん(国立科学博物館)モグラの研究で知られ、数々の著作物を執筆する「モグラ博士」。「標本バカ」と自称するほど標本好き。

1988年頃から自然環境研究センターが保存していたニホンカモシカの頭、約1万8千点を川田先生が日課のように標本作成し、1万点程を標本として形に残した。

○科博メルマガ第752号(2017.9.21)には、板倉さんのことが書かれています。

http://www.kahaku.go.jp/

 

○雑誌「ソトコト」に連載中のエッセイ「標本バカ」2017.12月号(第68話)に、板倉さんのことが書かれています。
ソトコト12月号

 

 

 

 

 

○博物館マンガ「へんなものみっけ!」著作:早良 朋

(作者は森先生の学生時代の研究室の同期)

自然科学(特に博物館と鳥類学)をテーマとした漫画で、第1話には、ニホンカモシカが出てきます。

月間スピリッツ連載中!

無料立ち読み→http://comics.shogakukan.co.jp/book?isbn=9784091895455

 

 

 

 

 

 

 

 


骨格標本調査中

白樺祭で「ポンコツ堂」を出店

趣味の化石採集とビーチコーミング



Recommended

sns sns sns