農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 本学野生動物医学センター(WAMC)でネズミイルカの漂流個体を調査

トピックス

本学野生動物医学センター(WAMC)でネズミイルカの漂流個体を調査

2012.01.17ニュース

NEWS NO.89(2011年度)

本学WAMCでネズミイルカの漂流個体を調査 

  2012年1月13日に、本学野生動物医学センター(WAMC)に、石狩浜で回収されたネズミイルカ(体長1.3m)の漂着個体(死体)が搬入されました。

 酪農学園大学野生動物医学センター(WAMC)では、2006 年以来、.国立科学時物館・北海道大学 などと共同で北海道沿岸にストランディング(漂流・ 迷入・混穫)したクジラ類の回収を行い. 内外寄生虫や感染症の疫学調査に関するサンプリングを実施しています。 今回は、本学の獣医寄生虫病学ユニット「浅川ゼミ」、環境衛生学ユニット「能田ゼミ」、北海道大学水産学部、同大学・博物館が協力して調査、解剖を行いました。

 寄生虫病学ユニットでは、5年生の卒論として寄生虫学的検査と4年生のクジラの扱い方に関する研修、環境衛生学ユニットでは重金属の分析、北海道大学水産学部は国内の研究機関(国立科学博物館、九州大学、愛媛大学など)にサンプルを送り各種分析、特に食性を調査します。

 



Recommended

sns sns sns