農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 本学学生が日本写真測量学会で学部生部門論文賞

トピックス

本学学生が日本写真測量学会で学部生部門論文賞

2012.02.13ニュース

NEWS NO.97(2011年度)

酪農学園大学学生が日本写真測量学会で学部生部門論文賞

 日本写真測量学会北海道支部の第30回学術講演会が、2月9日(木)にかでる2・7で行われ、本学環境システム学部生命環境学科4年の高屋浩介さん(環境GIS研究室)が学部生部門論文賞を受賞しました。

 受賞論文は、「アライグマ(Procyonlotor)捕獲に伴う混獲状況の実態」で、野幌森林公園でアライグマ駆除の際にワナに誤って混獲される動物の種類や地点を明らかにし、混獲された周囲の環境や植生との関係を地理情報システム(GIS)を用いて解析しました。この研究から、アライグマは森林の周辺部で、タヌキは森林の中心部で多く捕獲されていることが明らかとなりました。このため、混獲を防ぐためには、ワナを森林周辺部に複数台設置することなどが有効であると提案されました。
 高屋さんは、「混獲地点をGISにより解析することにより、動物の生態的特徴を明らかにすることができ、有効な混獲対策を検討できた点が評価されたと思います。今後、提案した方法の有効性を実証していきたいと考えています。」と感想を話ました。



Recommended

sns sns sns