農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類

建学の精神と創設者・黒澤酉蔵

建学の精神と教育目的

建学の精神

酪農学園大学は、キリスト教に基づく「神を愛し、人を愛し、土を愛する」三愛精神を建学の精神とし、黒澤酉蔵が唱えた「健土健民」の理念の下、一人ひとりの個性を磨き、身に付けた知識や技術を社会で活かす力をはぐくむ「実学教育」を行ってきました。
本学は、「農・食・環境・生命」を基軸に、自然との調和の取れた循環農業の維持・発展を図り、人と動物の生命の存続と福祉に貢献し、かつ世界的活動に参加する人材を育てることを使命としています。

創設者・黒澤酉蔵

信念みなぎる酉蔵翁
田中正造との出会いが思想の原点

茨城の貧しい農家に生まれた酉蔵は、14歳で学業を志して東京に出ました。住み込みの仕事をしながら学校に通う中、16歳のときに足尾鉱毒事件で田中正造氏を知り、その正義感と人間愛に深い感銘を受けます。この出会いが酉蔵の一生を決定づけました。田中正造氏は、人間にとって国土がいかに大切かを語り、「健土健民」を理想とする酉蔵の思想の根がつくられたのです。鉱毒によって田畑を汚染され、健康を損なった農民救済のため、酉蔵は「青年行動隊」の結成を図りましたが、被害救済をめぐる世論が広がっていたときだけに、官憲は彼を極端に警戒しました。「反対運動よりも示談が得策だ」とする農民を説得しようとしたところ、酉蔵は逮捕・投獄され、6ヶ月間の未決拘留の後、無罪の判決が下されました。しかし、この獄中での聖書との出会いが、その後の人生に大きな影響を与えました。

北海道に渡り、酪農の発展に貢献

田中正造氏の援助によって学業を修めていた酉蔵でしたが、母の死を契機に貧しい弟妹を守るため、20歳で北海道に渡りました。宇都宮牧場の宇都宮仙太郎氏から牛飼いは「役人に頭を下げなくてもよい」「牛が相手だからウソをつかなくてもよい」「牛乳は人々を健康にする」という酪農三得を教わり、酉蔵は一生を酪農に捧げる決心をします。1909(明治42)年に牛1頭を借りて念願の酪農自営を果たしました。事業にまい進する中で北海道畜牛研究会を結成し、生乳が余って酪農家たちが危機に立たされた時には、酪農家自らが製品を作って売る北海道製酪販売組合(現在の雪印メグミルク)を立ち上げました。こうして北海道酪農のリーダーとなった酉蔵は、寒地農業に必要なのは酪農を軸とした「循環農法」でなければならないとの思いを強くします。

教育に情熱を傾ける

「人が育たなければ、酪農が育つわけがない」、酪農家の組織化運動のなかで教育の必要性を実感した酉蔵は、1933(昭和8)年に酪農学園大学の前身である北海道酪農義塾を開校します。不毛の大地を酪農によって沃野に変えたデンマークを手本とし、建学の精神をキリスト教の聖書からとった「三愛精神」としました。当時は全寮制で、学生は農場の一員となり働きながら学ぶ実践学を徹底。卒業生たちは地元に帰って酪農のモデル経営者として活躍するなど、酪農の発展に貢献しました。

黒澤酉蔵著「反芻自戒」(1972年酪農学園発行)より
国土の汚染
満足と希望




Recommended

sns sns sns