ホーム > 学群学類紹介

学群・学類紹介

農食環境学群

荒木和秋 荒木和秋 農食環境学群長

農・食・環境をテーマにした「農食環境学群」 「農食環境学群」は、『循環農学類』、『食と健康学類』、『環境共生学類』の3つの学類で構成されています。『循環農学類』には、酪農や畜産、農業経済を学ぶ4つのコース。『食と健康学類』には、食品の持つ栄養や機能、食品開発、流通を学ぶ3つのコースに加えて、1年次から一貫教育の管理栄養士コースの全4コース。さらに、この2学類の学生を対象に農業科教員を養成するための実践的教育を行う教職コースを設置。また、「環境共生学類」には、野生動物、生命環境について学ぶ2つのコースがあり、これら3学類の枠を超えて、興味ある科目を履修することもできる柔軟な教育システムが特徴の一つです。


循環農学類

環境農学類

循環農学類は「循環・健康・共生」をテーマに、人の生命を…

詳細を見る

食と健康学類

食と健康学類

食と健康学類には、食品の機能、開発・製造と流通の専門家…

詳細を見る

環境共生学類

環境共生学類

環境共生学類は、環境をめぐる諸問題を科学的に「診断」し…

詳細を見る


獣医学群

北澤多喜雄 北澤多喜雄 獣医学群長

獣医学に加え、獣医保健看護学を学ぶ「獣医学群」 「獣医学群」を構成するのは、「獣医学類」を、新たに設置した「獣医保健看護学類」の2種類。ともに、生命・自然を尊ぶ豊かな人間性を育み、人と動物の福祉などに具体的に貢献できる人材育成を基本に教育を展開。「獣医学類」では獣医学とその関連分野における高度な知識・技術を有した産業動物、伴侶動物、公衆衛生獣医師を養成。「獣医保健看護学類」では、獣医学に関する基礎知識と動物看護学に関する専門知識を習得して幅広い獣医保健看護業務を担える人材育成に取り組みます。


獣医学類

獣医学類

本学の獣医学教育は、昭和39年に産業動物医療に…

詳細を見る

獣医保健看護学類

獣医保健看護学類

獣医保健看護学類では一貫教育において獣医学に…

詳細を見る


1年次には全員が共通科目を履修。専門を極めるための基礎力を養成
1年次には全員が共通科目を履修。専門を極めるための基礎力を養成 新しい学群・学類システムでは、「農食環境学群」「獣医学群」問わず、1年次には全員が基盤教育として共通科目を履修。入学後の1年間は、2年次からの始まる専門の教育への基礎力をじっくりと養います。
また、「農食環境学群」※では、2年次の専門基礎教育を受けながら、自分の興味や関心、可能性について時間をかけて考えた後に、学類内でどのコースに進むかを決めることができます。
※教職コース、管理栄養士コースを除く
農・食・生命についての知識と経験を養う”農場実習” キャンパス内で実際に作物を育てて収穫する畑作物栽培実習や、インテリジェント牛舎などでの酪農体験を通して、農・食・環境・生命についての知識と経験を養う授業も特色のひとつ。酪農学園大学で初めて土や牛に触れるという人もいるでしょう。それはきっと、他ではなかなか味わえない貴重な体験に違いありません。
入学から卒業まで担任教員がいる。心の距離が近い安心感。 学生10人程度に1人の担任教員が年次ごとにいる体制を新たに採用します。学生同士、学生と教員、お互いの顔がわかる少人数制だから、心の距離も近づき、安心して学生生活を送ることができます。1年次から基礎ゼミに所属することで学問的にも人間的にも成長していける環境も整っています。
卒業後の進路を見据えて1年次からキャリア教育を実施。 やがて社会に出て活躍するための能力をつけるためには、「生き方」や「働き方」についての考え方をしっかりと持つことが基本となります。新しい酪農学園大学では入学と同時に「キャリア教育」を実施。学生一人ひとりが早い時期から自分の潜在的能力を発見して自己啓発できるよう、担当教員をはじめ教職員一体となってきめ細やかにサポートします。