農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > RGU生物図鑑『カワリハツ』(変初)

トピックス

RGU生物図鑑『カワリハツ』(変初)

2016.08.10ニュース

NEWS NO.90(2016年度)

RGU生物図鑑~『カワリハツ』(変初)

Russula cyanoxantha

( Russula → 赤い色 の意  cyanoxantha → ギリシャ語の青色の+黄色 の意 )

カワリハツ

カワリハツ

【カワリハツあれこれ】

  1. 8月4日、緑音館と清温寮の間にある雑木林の林床に、中形で中央部の窪んだ漏斗形のキノコが群生~散生していました。
  2. ベニタケ科(Russulaceae)ベニタケ属(Russula)ヤブレベニタケ節に分類されます。
  3. ベニタケ科は質が脆く、つばやつぼはありません。ベニタケ属は傷をつけても乳液はだしません。
  4. 林内の地上に生え、樹木の細根に菌糸を侵入させ、共生関係を形成します。(外生菌根菌)
  5. 外観では、同属のカラムラサキハツ(辛紫初)やクサイロアカネタケ(草色茜茸)及びクサイロハツ(草色初)があります。
  6. 子実体は79×64×17-15mm、71×52×17-16mmの中形菌~大形菌です。
  7. 幼菌時は中央に窪みのあるまんじゅう形、成菌時には平ら形になり、やがて少し反り返ります。
  8. 傘の色は赤紫色からオリーブ色、青色~汚れた草色まで雨や日照時間で変異に富んだ色が現れます。
  9. 傘表面は湿気を帯びるとヌメリがでます。
  • ヒダは柄に直生し、白色で密です。
  • 柄は中実で上下同径です。白色で根元に近づくほどに細くなります。
  • シラカンバやイチイ、ハリエンジュなどの林床で落葉層から群生します。
  • カワリハツ

    カワリハツ

    カワリハツ

    カワリハツ

    カワリハツ

    カワリハツ

    カワリハツ

    カワリハツ



Recommended

sns sns sns