ヨーロッパ獣医学教育機関協会(EAEVE)の国際認証取得へ向けた獣医学群の取り組み

Date:2021.06.30

 本学の獣医学群では、ヨーロッパ獣医学教育機関協会(EAEVE: European Association of Establishments for Veterinary Education)の国際認証取得を目指し、獣医学教育の質の保証と国際化に取り組んでいます。
 昨今、獣医学を取り巻く情勢は、国民の生命・健康・財産・福祉に関わる領域の拡大と高度化が進展しており、人獣共通感染症や家畜疾病対策、食品安全対策、薬剤耐性菌への対策など、獣医師が関与すべき問題が拡大・増加しています。このような獣医学への多様な社会的ニーズが高まる中で、獣医学教育の質の保証が求められています。
 本学は、大学機関別認証評価において、2020年度に公益財団法人日本高等評価機構の大学評価基準に適合していると認定を受けています。さらに、獣医学教育についても専門分野別認証評価において2018年度に公益財団法人大学基準協会の認証も得ています。これら国内での認証に留まらず、国際的な認証評価を取得すること目指して取り組みを推進することにより、本学の獣医学教育の質をさらに高める努力をしています。また、国際的な基準で食の安全を保証するためにも、畜産物を輸出入する国の間で同等レベルの獣医学教育が求められています。
 EAEVEでは、学生が卒後1日目の能力(Day One Competencies)の保証が求められることから、本学では、3Rs(Replacement、Reduction、Refinement)の思想を反映したスキルスラボの整備を進めつつ、少人数によるHands On実習やクリニカルローテーションに対応したカリキュラムを2021年度からスタートさせています。
 以上のように、カリキュラム、教育環境の改善、学内規程の整備などを推進しており、2019年度にはEAEVE事務局による事前訪問調査(CV: Consultative Visitation)を受審してアドバイスを受け、そして、2023年度には本審査(FV: Full Visitation)の受審を予定し、EAEVE認証取得を目指しています。

事前訪問調査(CV)

 2019年10月28日(月)から31日(木)に、EAEVE事務局から派遣された3名により事前訪問調査(CV)を実施しました。施設視察、ヒアリング調査などを行ってアドバイスを受けました。

学内施設や実習について説明する様子

学内施設を視察する様子




【参考】関連リンク
◇ヨーロッパ獣医学教育機関協会(EAEVE: European Association of Establishments for Veterinary Education)
 https://www.eaeve.org/