獣医保健看護学類では一貫教育において獣医学に関する基礎知識と動物看護学に関する専門知識を習得し、幅広い獣医保健看護領域の業務を担える人材を育成します。さらに、専攻分野において動物栄養学、動物行動学および動物理学療法学に関する高度な教育を行い、それぞれのスペシャリストを養成します。

動物栄養学のスペシャリストは、飼料会社における飼料の開発や動物病院における栄養指導者として活躍することが期待でき、動物行動学のスペシャリストは、動物のしつけ、問題行動動物の治療、盲導犬や介在療法動物など社会活動動物の提供等に関する分野で活躍することが期待できます。また、動物理学療法スペシャリストは、獣医療の高度化や動物の高齢化に伴い今後需要が見込まれ、術後のリハビリや介護リハビリ分野で活躍することが期待できます。

MOVIEプロモーション動画

「動物たちの証言」 ~ 獣医保健看護学類 編

学びの流れ

1年次

基盤教育

  • 酪農学園教育
  • 情報教育
  • 人文社会科学教育
  • 外国語教育
  • 自然科学教育
  • 導入教育
  • 保健体育教育キャリア教育

専門教育

2年次

専門基礎教育

  • 学類専門基礎科目
  • 全学共通専門基礎科目
3・4年次

専門教育

  • 専門教育科目
  • 学類独自科目

Pick up Curriculumピックアップカリキュラム

動物看護学

動物看護学

動物病院において、獣医師の診療業務の補佐、治療前後の動物管理などを主業務とする動物養護師として必要な、動物の保定、消毒、薬物投与方法などの基礎的な知識や技術を習得します。

動物介在療法実習

動物看護学

動物には人の病気の治癒を助ける効果があります。この動物介在療法を実践することにより介在療法に適した動物の特性や行動を理解するとともに、介在療法に適した動物を育成する技術を習得します。

動物病理学

動物看護学

病気の成り立ちを理論的に解釈するのが病理学です。講義では、病気の際に起こる個々の細胞や組織の形態的・機能的変化、循環障害、炎症反応、免疫異常による病態ならびに腫瘍について理解します。

救急治療ケア概論

動物看護学

健康状態の急激な変化により、生命の危機状況にある動物の保護や回復における援助を行う際に基盤となる知識および状況特性に焦点をあてた看護について理解します。

動物行動学

動物看護学

行動の発現機序、行動様式、イヌ・ネコのコミュニケーション方法をはじめ、学習理論の理解を通して科学的、効率的な訓練方法を学ぶなど、行動の基礎知識を習得します。

栄養学実習

動物看護学

動物病院専売の動物フードについて、その特徴と特性を学習。ライフステージ別に最適なフードを選択できる能力を身につけ、また手づくりフードレシピの開発も行います。

しつけ指導論

動物看護学

パピーパーティ、パピークラス、しつけ教室などを展開するのに必要な対人関係スキル、指導スキル、環境管理等を学習します。行動学で学んだ学習理論の臨床応用を理解します。

理学療法実習

動物看護学

動物病院における老齢患畜および内科疾患のリハビリテーション治療に補助者として参加し、実務を経験します。リハビリテーション治療のためのプログラムを立案したり、飼い主に適切な飼養管理を指導できるための経験を積みます。

資格案内

受験資格 必要要件を満たせば受験する資格が得られます。
  • 認定動物看護師
  • 愛玩動物飼養管理士
  • ペット栄養管理士
  • 家畜(牛)人工授精師
    ※ 講習会受講・最終試験合格の場合