奨学金制度

奨学金の目的

本学の奨学金制度は、経済的に困窮している学生に対し、学資金を給付または貸与することにより、学業に専念できる時間をより多く確保し、安心して学生生活を送れるよう支援することを目的としています。

奨学金の種類

本学の奨学金制度は、大きく分けて「日本学生支援機構奨学金」、「財団法人酪農育英会奨学金」「酪農学園大学奨学金」及び「その他学外(地方公共団体、民間団体)奨学金」の 4種類があります。

日本学生支援機構奨学金

国の奨学機関である日本学生支援機構奨学金は、経済的理由により修学困難な優れた学生に貸与を行うことにより、有為な人材の育成と教育の機会均等を寄与することを目的としています。
日本学生支援機構の推薦基準に基づき大学が推薦し、採否は日本学生支援機構が決定します。

在学採用

新規申し込みは毎年1回で、4月に新規申し込み説明会を行いますので、奨学金を希望する学生は必ず出席してください。

奨学金の種類奨学金の内容
第一種奨学金(無利子)特に優れた学生で、経済的理由により著しく修学が困難な学生に貸与します。
【平成30年度以降入学者(途中年次への編入学及び再入学を除く)】
・自宅:月額20,000円・30,000円・40,000円・54,000円から選択
・自宅外:月額20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・64,000円から選択
【平成29年度以前入学者】
・自宅:月額30,000円・54,000円から選択
・自宅外:月額30,000円・64,000円から選択
第二種奨学金(有利子)第一種よりも緩やかな基準によって選考され、在学中は無利子、卒業後は年3%を上限とする利子がつきます。
・月額20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円から選択
入学時特別増額貸与奨学金(有利子)入学時において、入学月を始期として奨学金の貸与を受ける方に対して、希望により入学月に一時金として貸与する制度です。(条件あり)
・100,000円・200,000円・300,000円・400,000円・500,000円から選択
予約採用(給付型・貸与型)

高等学校等で事前に申し込みを行い、採用候補者として決定した者が大学入学後に所定の手続きをとることで奨学生として採用されます。
※給付型奨学金は、進学後の申し込み(在学採用)は受付けていません。
※大学入学後の手続きについては、新入生発送物同封の案内をご確認ください。

緊急採用・応急採用奨学金

主たる家計支持者の失職・破産・病気・死亡等または災害等により家計が急変し緊急に奨学金が必要となった場合には、緊急採用(第一種)、応急採用(第二種)に申し込むことができます。(ただし、事由発生から1年以内) 希望者は直接各キャンパス担当窓口にご相談ください。

所得連動返済型の無利子奨学金制度について(第一種奨学金対象)

奨学生(返還者)の所得に応じて返還月額が決まる仕組みにより、無理なく返還ができるように設けられた制度です。

酪農学園大学奨学金

本学奨学事業は、経済的理由により、授業料等本学納付金の支弁が困難な学生に対し奨学金を貸与し、学業を継続させることを目的として行っております。
この奨学金は、授業料等の1/2以内の額を貸与するもので、奨学金を貸与する期間は当該年度限りとし、引き続き奨学金を希望する場合は、年度ごとに新たに申請しなければなりません。
また、続けて採用されるとは限りませんので、ご注意ください。
返還期間は卒業後10年以内で、返還初年度から5年間に貸与額の4割を、6年目から最終返還年度に貸与減額の6割を均等年賦返還することとなっており、無利息です。 選考については、各学類により選出された教員等で構成された学生支援委員会及び教授会で審議決定されます。

公益財団法人酪農育英会奨学金

学校法人酪農学園の創立者である黒澤酉蔵先生が設立された外郭団体が行っている奨学金で、勉学意欲があるにもかかわらず経済的に修学困難な学生に対し、学資を貸与して修学を助けることを目的とし、本学の学生を対象に奨学金の貸与を行っています。
この奨学金は、採用された月から卒業まで毎月 4 万円が貸与されます。返還期間は卒業後10年以内で無利息です。なお、日本学生支援機構奨学金と併用して貸与を受けることはできません。毎年 10 名程度の推薦枠をいただいておりますが、申請者が多数あるため選考となります。選考については、各学類により選出された教員等で構成された学生支援委員会で選考されますが、希望者全員が貸与できるとは限りません。日本学生支援機構奨学金と併願することをお薦めいたします。

その他奨学金(地方公共団体、民間団体など)

募集期間は団体ごとに異なりますが、4月~6月に集中しています。募集については、本学に募集の案内が来たものは掲示にてお知らせしますが、募集のないものについては直接奨学団体や、市町村教育委員会に問い合わせをしてください。

奨学金等一覧
奨学金制度 奨学金等一覧表

※ 日本学生支援機構奨学金採用人数は、予約採用も含みます。(2018年度予約採用 学群:227名、大学院:4名)
※ 採用人数の( )内の数字は全学年の貸与人数です。
※ 日本学生支援機構第二種奨学金の利率は3.0%を上限として変動します。

出願する前に

いずれの奨学金も出願資格・選考基準があり、採用人数にも限りがありますので、仮に条件を備えていたとしても申請者全員が採用されるとは限りません。したがって出願する前に家計の状況をよく考え、家族と相談し、どのような奨学金が必要なのか検討してみてください。また、奨学生として採用された場合には、いずれの奨学団体でも奨学生に恥じない学業成績、修学態度が求められます。上記のことを考慮に入れて、学資金の不足分を奨学金で補うことが最善であるという結論が出たら申請してください。

家計が急変した時には

家計支持者(父母、又は父母に代わって家計を支えている者)の失業、破産、事故、病気もしくは死亡等又は火災、風水害の災害等により家計が急変し、奨学金を緊急に必要とする場合は、学生支援課に相談に来てください。事情により定められた応募期間のほかに、日本学生支援機構の緊急・応急採用や酪農学園大学奨学金を申請できる場合があります。

採否基準

奨学金の多数が「学業成績」と「経済的困窮度」を採否の基準としています。学業については、良好であればあるほど採用に有利ですが、経済的困窮度については、家計支持者の収入が、各奨学団体で定められた基準金額以下であることが条件となります。

奨学金についての詳細は「奨学金案内」をご覧下さい。

授業料減免制度

授業料免除について

学資を主として負担している者が、次のような理由で授業料の納付が困難であり、学業成績優秀な学生に授業料の半額を免除することを目的とした制度です。

  1. 死亡又は生別した場合
  2. 失職した場合
  3. 病気又は事故等で、著しく収入が減少した場合
  4. 火災・風水害等の災害を受けた場合

ただし、免除期間は1年間です。また、正規課程に在籍する私費外国人留学生にも授業料免除制度があります。
申請受付期間は、前学期は4月26日まで、後学期においては10月15日までに申請書類を学生支援課に提出しなければなりません。

兄弟姉妹等同時修学授業料減免について

酪農学園大学に複数の学生が同時に修学する家庭の2人目以降の下級年次学生に対し、後期授業料から2分の1相当額を減免する制度です。

(注1)同一生計の兄弟姉妹・夫婦・親子が対象です。
(注2)大学院と大学の同時修学は対象になりません。
(注3)毎年申請が必要です。

申請受付期間:5月24日までに申請書類を学生支援課に提出しなければなりません。

特待生制度

学業成績・人物並びに課外活動において優れた学生に特別奨学金24万円を給付し、優秀な学生を育成する事を目的とした制度です。
本学に1年以上在籍し次の一つに該当する学生が対象になります。

  • 学業成績・人物ともに優れた者
  • 課外活動等において優秀な成績を収め、学業と両立し人物ともに優れた者

毎年6月に表彰式を行い、学長より賞状が授与されます。

お問い合わせ
教育センター 学生支援課 TEL:011-388-4122
FAX:011-386-1506

医療互助会

医療互助会は、学生の相互扶助精神に基づき、学生の疾病、不慮の事故による負傷などの医療費および見舞金の給付をおこないます。 これにより学生の経済的負担の軽減、さらに、健康保持・増進を図って学生生活を安定させることを目的とする全員加入制の制度です。
どの診療機関で診察を受けても差支えありません。診察を受けた場合は、本会所定の医療給付金請求用紙を医務室より受け取り、領収書の写しを添付し、疾病名の欄をあらかじめ記入して、医務室に提出してください。 給付にあたっては、健康診断または交通事故に対する医療費は対象となりません。また、予防接種など保険適用外になる治療費も対象外です。給付限度額は、学生一人当たり年間10万円です。(月の給付限度額は24,030円で打ち切りです。)
給付金の支給は掲示板により通知しますので、学生証と印鑑を持参して学生課窓口まで受け取りに来てください。ただし、期限内に給付金請求書を提出しない場合、または給付金支給日から60日を経過しても受け取らない場合は、会則により給付金の権利を放棄したものとみなしますので、ご注意ください。

関連資料

公益財団法人 酪農育英会

酪農育英会は、酪農学園創設者 黒澤酉蔵が私財を投じ育英奨学事業を起し、学費の一部を貸与して修学を側面から支援する一方、酪農の普及および振興を図るための研究を奨励し、もって有為な人材を育成することを目的に1957(昭和32)年設立されました。
2013年からは公益法人として活動を続けております。