ホーム > 学群学類紹介 > 農食環境学群 > 環境共生学類

学群・学類紹介

環境共生学類

 環境共生学類は、環境をめぐる諸問題を科学的に「診断」し、解決のための「処方箋」を作ることのできる知識と技術の習得を目指します。基盤教育ならびに専門基礎教育では、生命圏とそれを取り巻く自然環境の調和の本質を理解し、その調和が人類の文明活動によってどのように損なわれているかを科学的に分析するために、物理・化学・生物・地学や生態学・環境科学など自然科学的素養を養います。専門教育では野生動物学コースおよび生命環境学コースに分かれ、フィールド調査や地理情報システム(GIS)による情報解析などを学び、生命圏に生きる生物が互いに自然環境と共生していくために何ができるかを究明します。本学の理念である実習・実験・演習を多く取り入れた実学教育によって、環境と調和・共生する社会の形成に貢献できる人材を育成します。

2つの専攻コース

野生動物学コース

  • 野生動物保全技術実習
  • 野生動物総合演習
 野生動物の保護と管理について、北海道を中心としたフィールドで幅広い生態学的なベースを基礎とした理論と技術を学びます。

生命環境学コース

  • 生態環境総合実習
  • 生態環境総合演習
 北海道の森・川・海といった優れた自然資源の保全と利用を題材に、生命圏の物質的・エネルギー的環境に関する理論と技術を学びます。

Pick up Curriculum

生物地球化学
Pick Up  大気、海洋、陸域、それぞれのシステムに内在し、それらをつなぐ物質循環を解説。地球、環境、生命がどのような元素や物質の循環や動態によって制御されたり影響を受けているかについて紹介します。
北海道環境学
Pick Up  道民の生存と諸活動の基盤であり、発展を支える源泉である「北海道の環境」を生活環境と自然環境に大別し、それぞれの現状を科学的・行政的な観点から学ぶとともに課題・問題等について探求します。
狩猟管理技術論
Pick Up  野生動物との関わりで、狩猟の役割は重要であり、特に野生動物の過剰増加によるに軋轢に対策を講じる上でも狩猟は必須のツールです。狩猟の歴史と、これからの野生動物保全における狩猟の重要性を追求します。
環境アセスメント論
Pick Up  人間社会と自然環境の共生を実現するために、開発に対する環境への影響を前もって評価し、環境アセスメント(環境影響評価)の意義や法制度、手法について学びます。
環境思想・倫理学
Pick Up  ヨーロッパ型社会の「人間中心主義」を歴史的に検証。それを受けて環境保全社会構築へ向けた新しい潮流「人間非中心主義」の環境意識・環境観を提示し、環境保全型地域社会について考察します。
自然環境学実験・実習
Pick Up  野外での野生動植物のデータ取得方法、室内での水質などの化学的な調査手法など、自然環境の保全に関わる基礎的な実験と実習から各種分析手法などについて学び幅広い技術の習得を目指します。
環境気象・気候学
Pick Up  生態系に影響を与える大きな生命環境要因は大気現象です。「気象学の基礎」を学んだ後、地球温暖化というグローバルな気候変動から局地的な大気現象(例えば森林気象、農業気象)まで、幅広く学習します。
外来生物対策論
Pick Up  生態系に侵入し影響が深刻となった外来生物について、その生態に関する基礎的な知識を取得し、更に対策について国内外の事例から学びます。また、在来生態系の保全に必要となる外来生物の防除手法を学びます。

取得可能な資格

取得可能資格
  • 中学校教諭1種(理科)
  • 高等学校教諭1種(理科)
  • 食品衛生責任者
受験資格
  • 気象予報士
  • ビオトープ管理士
  • 公害防止管理者
  • 狩猟免許
  • 生物分類技能検定