【プレスリリース】薬剤耐性Campylobacterの迅速検出法(CAMERA法)を開発(獣医学類 臼井優准教授)

Date:2021.01.13

本学獣医学類 臼井准教授と北海道大学中島千絵教授の研究グループは、細菌性食中毒の原因として最も患者数が多い Campylobacter属菌を迅速に検出し、菌種を同定、かつ近年問題となる抗菌薬に対する耐性も同時に検出する方法を開発しました。


 


論文発表の概要
◆Usui M*, Tateno S, Onozaki M, Misawa N, Suzuki Y, Tamura Y, Nakajima C*. Rapid and simultaneous detection of fluoroquinolone- and macrolide-resistant Campylobacter jejuni/coli in retail chicken meat using CAMpylobacter Express Resistance Array (CAMERA). Food Control. 2021.
 https://doi.org/10.1016/j.foodcont.2020.107815
【参考】北海道大学のホームページでもリリースされています。
◆2021年1月13日 薬剤耐性Campylobacterの迅速検出法(CAMERA法)を開発(人獣共通感染症リサーチセンター教授中島千絵)(PDF)https://www.hokudai.ac.jp/