【プレスリリース】本学環境共生学類の千葉 崇助教が信州大学・筑波大学との共同研究にて別府湾沿岸地域の過去7300年間の津波履歴を解明しました。

Date:2021.05.01

本学農食環境学群環境共生学類自然再生学研究室の千葉 崇助教(研究実施時所属:筑波大学,論文投稿時所属:秋田県立大学)が、信州大学学術研究院理学系(理学部理学科地球学コース)の山田昌樹助教、筑波大学生命環境系の藤野滋弘准教授、ニューサウスウェールズ大学のCatherine Chaguē教授、筑波大学大学院生命環境科学研究科(研究実施時)の竹田大輔さんとの共同研究として、別府湾に面する大分県大分市の大圓寺(おおえんじ)湿地においてボーリング掘削調査を実施し、採取した深度8.8mまでの堆積物コア試料を分析することで、別府湾沿岸地域に襲来した過去7300年間の津波履歴を明らかにしました。

【プレスリリース】別府湾沿岸地域の津波維堆積物から過去7300年間の津波履歴を解明


【参考】教員・研究室一覧
◆千葉 崇助教(自然再生学研究室)
 https://www.rakuno.ac.jp/archives/teacher/14512.html