2020年度春期キリスト教教育強調週間のお知らせ

Date:2021.05.13

キリスト教委員会

 2021年度春期キリスト教教育強調週間は、2020年度に引き続き新型コロナウイルス感染防止対策を徹底するために、2021年度前学期大学礼拝をリモート形式(動画配信)で行うことから、外部からの講師を招くことはせず、下記の要領でリモート礼拝において宗教主任が春期キリスト教教育強調週間メッセージを担当することにする。
 内容としては、有名な第一コリント書13章の愛の讃歌から、新型コロナウイルスという「《見えないもの》に翻弄されている」わたしたち人間の姿と「《見えないもの》を知ろうとする」わたしたち人間の知の探求について、真理探究を使命とする大学の研究に参与する学生、教職員のみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

 日時:2021年5月18日(火)午前10時40分〜12時10分
 場所:リモート礼拝(動画配信)
 聖書:コリントの信徒への手紙一 13章1−13節
 主題:「《見えないもの》を知ろうとする――愛の讃歌と知の探究」
 講師:小林昭博先生(宗教主任)

以上



関連リンク
◇酪農学園大学キリスト教教育ホームページ
 https://rakuno-ce.org/