北海道ワイン株式会社からワインの木樽が到着しました

Date:2021.05.26

NEWS NO.9(2021年度)

北海道ワイン株式会社からワインの木樽が到着しました


5月20日(木)に北海道ワイン株式会社(小樽市)からワイン用の木樽が3つ本学に到着しました。樽は実際にワインの製造に5年ほど使用されたもので、本学では酪農学園フィールド教育研究センター(FEDREC)の作物生産ステーションと循環農学類の森志郎准教授(園芸学研究室)が連携して、花を植栽するプランターとして利用し、学生の教育や大学構内美化に活用することを予定しています。これから樽を切断するなどの加工が必要となるため、大学の構内で見ることができるようになるまでは、もう少し時間がかかりそうです。



本学は北海道ワイン株式会社と2017年9月に包括連携協定を締結しています。この包括連携協定に基づいて、毎年、北海道ワインでは本学オリジナルワインを製造していただいております。また、北海道ワインには本学の卒業生も複数名在籍していて皆さん活躍しています。


【参考】関連ページ・記事
◆2020.05.12 酪農学園大学ワイン2020完売について【御礼】
 https://www.rakuno.ac.jp/archives/11723.html
◆森 志郎 准教授(園芸学研究室)
 https://www.rakuno.ac.jp/archives/teacher/9333.html
◆酪農学園フィールド教育研究センター(FEDREC)
 https://www.rakuno.ac.jp/outline/farm.html