【プレスリリース】家畜糞便処理中の薬剤耐性菌/耐性遺伝子の動態を解明(獣医学類 臼井優准教授)

Date:2021.10.04

本学獣医学類の臼井優准教授らの研究グループは、国内農場での家畜糞便処理によって、ヒトの健康に影響を与える可能性のある薬剤耐性菌/薬剤耐性遺伝子の量がどのように変化するかを明らかにしました。
 


論文発表の概要
◆Katada S, Fukuda A, Nakajima C, Suzuki Y, Azuma T, Takei A, Takada H, Okamoto E, Kato T, Tamura Y, Usui M*. Aerobic composting and anaerobic digestion decrease the copy numbers of antibiotic-resistant genes and the levels of lactose-degrading Enterobacteriaceae in dairy farms in Hokkaido, Japan. Front Microbiol. 2021.

https://doi.org/10.3389/fmicb.2021.737420