北海道大学の定例記者会見に金田勇教授が出席しました

Date:2022.06.17

NEWS No.11(2022年度)
"酪農 x (かける) 工学" による "シン・ナチュラルチーズ"開発

6月16日(木)北海道大学事務局で行われた、2022(令和4)年度 第3回北海道大学定例記者会見に、本学の農食環境学群食と健康学類長の金田 勇教授(食品物性学研究室)が北海道大学ロバスト農林水産工学国際連携教育研究拠点 新ナチュラルチーズ開発チームのメンバーとして招かれ、北海道大学 大学院工学研究院の大沼 正人教授(応用量子科学部門 物質量子工学分野 量子ビーム材料工学研究室)とともに研究成果を発表しました。当日は同じく開発チームのメンバーである本学の農食環境学群食と健康学類の栃原孝志講師(乳製品製造学研究室)が作った2種類の異なるチーズが試食として配られ、参加者もその食感の違いを舌でも感じていました。

栃原講師が製造したチーズを手にほほ笑む
北海道大学の大沼正人教授(左)と本学の金田勇教授(右)
(写真提供:北海道大学広報課)

記者からの質問に回答する金田教授
(写真提供:北海道大学広報課)

詳細は北海道大学公式ウェブサイトからご確認ください(外部リンク)

 北海道大学ロバスト農林水産工学国際連携研究教育拠点のYouTubeチャンネル

「科学の力でチーズを美味しく - 北海道大学大学院工学研究院 大沼 正人 教授、酪農学園大学 食と健康学類 金田 勇 教授、栃原 孝志 講師-」