本学 獣医学研究科4年髙橋直紀さんが「The 7th Congress of Asian Association of Veterinary Anatomists」で優秀ポスター賞を受賞

Date:2019.09.30

NEWS NO.50(2019年度)

本学 獣医学研究科4年髙橋直紀さんが「The 7th Congress of Asian Association of Veterinary Anatomists」で優秀ポスター賞を受賞

 

 2019年9月26日(木)、27日(金)に韓国の済州島で開催された「The 7th Congress of Asian Association of Veterinary Anatomists(第7回アジア獣医解剖学会)」において、本学獣学研究科博士課程4年の髙橋直紀さん(獣医解剖学ユニット 植田弘美准教授・渡邉敬文准教授・細谷実里奈助教)が、優秀ポスター賞を受賞しました。

獣医学研究科獣医学専攻博士課程4年 髙橋直紀さん

髙橋さんの発表タイトルは、「Collagen fibrillar architecture at three different sites of the bovine superficial digital flexor tendon 」であり、内容は牛の腱の超微細構造についてでした。なお、このポスター発表の研究については、植田准教授と渡邉准教授が共同研究者として登録しております。
受賞にあたり、高橋さんは、「素直にうれしく思っております。国際学会という各国の研究者の方々と話す貴重な機会を作っていただいた先生方をはじめ、多くの仲間に感謝したいと思います。」と話しました。