本学 卒業生が平成30年度日本獣医公衆衛生学会(北海道)奨励賞を受賞

Date:2019.09.25

NEWS NO.47(2019年度)
本学 卒業生が平成30年度日本獣医公衆衛生学会(北海道)奨励賞を受賞
2019年3月に獣医学群獣医学類 食品衛生学ユニット(田村豊教授、臼井優准教授)を卒業した須藤翼さんが、平成30年度日本獣医公衆衛生学会(北海道)において発表した「市販食品におけるClostridioides difficile汚染状況とヒトへの伝播の可能性」が奨励賞を受賞しました。
本研究はヒトの医療関連感染症の重要な起因菌として世界各国で注目されている細菌の市販食品での汚染状況を明らかにしました。また、ヒトからの分離株と各種性状を比較することによって、ヒトへの伝播の可能性を明らかにしたものであり、獣医公衆衛生学にとって重要な知見を提供したことが評価されました。事情があって極めて短期間の調査研究となりましたが、持ち前の精神力と努力によって嫌気性菌という培養困難な細菌に真摯に向き合い、重要な成果を上げることに繋がりました。
現在、須藤さんは、入学した時からの希望で水産分野の獣医師として活躍したいとのことで、神戸市立須磨海浜水族園の飼育教育部海獣飼育課海獣チームに所属し、ペンギン、アザラシ、ラッコ、カピパラ、アシカを対象に飼育業務に従事するかたわら、水産分野での獣医師の役割を模索しています。残念ながら勤務の都合で表彰式には出席できませんでしたが、受賞を契機に持ち前のリーダーシップを発揮し更なる活躍に期待されます。
 

須藤翼さん
(本学獣医学類卒業生 神戸市立須磨海浜水族園)