本学と(株)どんぐりがコラボ商品を販売

Date:2018.12.14

NEWS NO.82(2018年度)

本学と(株)どんぐりがコラボ商品を販売

本学の食と健康学類・給食栄養管理研究室(小林道講師)では、産学連携の取り組みとして、パンを製造・販売している株式会社どんぐりと協働して学生のアイデアを取り入れたパンの企画開発を行っており、今年で6回目を迎えました。

学生たちの考案したパン7種類が商品化され、11月21日(水)から12月19日(水)まで、どんぐり大麻店で販売しています。
12月4日(火)には、3年生の小河菜々子さん、芝田志織さんの2名が店頭に立ち自身が考案したパンをお客様に紹介しました。また3年生の岡崎茉衣さんは、厨房に入って仕込みを体験しました。

クリームチーズあんぱんを考案

小河 菜々子さん

食と健康学類

管理栄養士コース3年
給食栄養管理研究室

 

Q 店頭でお客様と接してみてどうですか
A 店頭に立つのは今日がはじめてで、買ってくれるお客さんがいてうれしかった。目の前で、パンを取っていってもらえるのがうれしい。

 

Q 企画案(クリームチーズあんぱん)のきっかけは?
A クリームチーズとあんこが合うと自分で昔から思っていました。おやきではあるアイデアなのに、パンではないのが不思議でした。自分の夢が叶うパンを考えました。

 

Q こだわったことはありますか
A クリームチーズとあんこの比率は1対1で試作を行い、あん多めの比率を提案されたが、自分のアイデアとして、比率1対1を貫きました。

 

Q 全体を通じて、一番うれしかったことはなんですか?
A 友だちが雪降る寒い日に、野幌から往復2時間歩いて買いに行ってくれたことです。そのときに、売り場にあるあんぱんが少なくなっている写真を見て、「あんぱんがみんなの手に渡っている」と実感して、本当にうれしかったです。

 

Q これからに活かしたいことはありますか
A たべてくれる人を考えてつくる経験や、今日は多くの方に触れ合えて、直接見ることができた体験を活かしたいです。


アールグレイのレモンティーパンを考案

芝田 志織さん

食と健康学類

管理栄養士コース3年
給食栄養管理研究室

 

 

 

 

 

Q 企画案(アールグレイのレモンティーパン)のきっかけは?
A もともと紅茶が好きで、パンにするならアールグレイの香りがいいなと思いました。紅茶好きが喜ぶパンをつくりたいと思いました。

 

Q 店頭でお客様と接してみてどうですか
A 今回、店頭に立つのは2回目。試食をお勧めすると「え?紅茶なの!?」と好感触の反応があって、手にとっていただけることが多くあり、うれしかった。

 

Q 工夫したことや大変だったことはありますか
A パンのことをわかっていなくて、つくり方から学びました。本を読んだり、友だちに聞いたりして、なんとか8月末に企画書を提出しました。9月中旬の1回目の試作会に向けて、試行錯誤をはじめました。パンについては初心者だったので、パン屋さんで働いている人(どんぐりの方)から試食会で「おいしいね」と言ってもらえたことは嬉しくて自信になりました。なかでも、レモンシロップをかけるアイデアをほめてもらえたことは、とてもうれしかったです。

 

Q これからに活かしたいことはありますか
A 何かゼロから企画して商品化するのがはじめてだった。誰かに向けて考えた経験を活かしていきたい。

店の厨房でパンづくり

岡崎茉衣さん
食と健康学類

管理栄養士コース3年
給食栄養管理研究室

 

 

 

 

Q 厨房でおこなった作業はなんですか
A 明日への仕込み作業を体験しました。「和風ピロシキ」というパンの仕込みを行いました。ひじきの煮物を詰めて、パン粉をつける作業もやりました。他にも、ちくわパン、チーズボール、アップルパイ、パイ生地をポーションする作業などを体験させてもらいました。

 

Q 厨房に入ってみて感じたことは?
A あの限られたスペースの中で、あれだけの種類を出し続けているのに驚きました。そして、自分がつくった商品が明日、店頭に並ぶと思うとワクワクしました。今回は、自分のアイデアは商品化されなかったのですが、ゼミのメンバーのパン(和風ピロシキ)を手伝えたことがうれしいです。何より今日は、パンに囲まれて楽しかったです。

 

Q 今回の企画、体験を通じて
A 仲間のアイデアの相談にのったことや、仲間といっしょに考える楽しさを知れたことは、良い経験でした。

学生に接客指導

どんぐり大麻店

按田 萌花さん

 

 

 

 

 

Q 学生が店頭販売しているときの様子はどうですか
A 学生さんが立っていると商品の売れ数がちがいます。『今だけしか買えないですよ』と声をかけるなど、工夫も見られました。販売初日は、学生の店頭での試食をすすめた効果もあって生産が追いつかないほどに売れました。

 

Q 学生の商品企画についてはどうですか
A クリームチーズあんぱん、アールグレイのレモンティーパンも、これとこれが合うかなと学生さん自身が組み合わせをイメージして、「こういうパンはどうだろう」「どういう組み合わせがおいしくなるだろう」と考えているのがすごいと思いました。そして、和風ピロシキも、アールグレイのレモンティーパンも、どんぐりにはないパン。試作段階から、おいしくできているところもすごいと思いました。