本学 酪農学研究科 2年 髙橋佳琳さんが日本栄養改善学会北海道支部学術総会で表彰されました

Date:2018.12.19

NEWS NO.86(2018年度)

「第16回日本栄養改善学会北海道支部学術総会」にて大学院生の髙橋佳琳さんが奨励賞を受賞

2018年12月8日に札幌コンベンションセンターで開催されました「日本栄養改善学会北海道支部学術総会」において、本学酪農学研究科食品栄養科学専攻修士課程2年の髙橋佳琳さん(指導教員:食品栄養化学研究室 小野寺秀一教授、上野敬司准教授)が奨励賞を受賞しました。

 

髙橋さんは、「紫アスパラガスの機能性成分含量と調理条件(発表者:髙橋 佳琳、上野敬司、宮崎早花、園田高広、小野寺秀一)」というタイトルで口頭発表を行い、異なる調理条件での紫アスパラガスの表皮の紫色の変化の観察、ポリフェノール含量や抗酸化活性などの測定により、色や機能性成分の損失の少ない調理条件は茹で調理、酢漬け調理であることを報告しました。

 
髙橋さんは「この度は、奨励賞という評価をしていただいたことに驚くとともに、大変光栄に思います。このような賞がいただけたのも、小野寺秀一教授、上野敬司准教授をはじめ多くの先生方のご指導のおかげです。心から感謝申し上げます。今回の受賞を励みに、一層努力を重ね、研究に精進して参りますので、引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。」と話しました。
 

授賞式の様子


髙橋佳琳さん