公益財団法人酪農育英会 解散および事業継承のお知らせ

Date:2020.03.04

 この度、公益財団法人 酪農育英会から、2020年3月31日をもって解散することを決議したとのご報告がありましたので、謹んでお知らせ致します。

 同財団の歴史を振り返りますと、酪農学園の創立者黒澤酉蔵翁が私財を投じ、戦後未だ日の浅い激動期の中で育英奨学事業を起こし、経済的に恵まれない青少年の修学を側面から支援する一方、酪農の普及および振興を図るための研究を奨励し、もって有為な人材を育成することを目的に1957年12月に設立されました。その後、制度改革に伴う新しい公益法人法が2008年12月に施行となり、新制度に適合した公益財団法人として移行認定(2013年3月)を受け、現在に至っております。

 同財団が解散を決議したことに伴いまして、これまで同財団が行って参りました事業の基本は、酪農学園において引き継ぐこととして準備を進めており、解散後の残余財産は、酪農学園に贈与されることになっております。

 これまで公益財団法人 酪農育英会にお寄せいただきましたご支援につきましては、引き続き酪農学園に賜りますようお願い申し上げます。

学校法人酪農学園
理事長 谷山弘行

 

  【参考】公益財団法人酪農育英会 https://ikueikai.rakuno.org/