能田  淳

獣医保健看護学類

能田  淳 のうだ じゅん

教授

研究室番号
B3-202
取得学位 Ph. D.
研究室・ユニット名 動物と人の関係学
研究キーワード バイオエアロゾル 感染症対策 環境衛生

バイオエアロゾルの健康への影響評価、畜産・農業分野での応用

研究の概要・特徴

本研究室では、微生物や生物由来の成分を含むエアロゾル、バイオエアロゾルを主軸とした研究を進めています。身近な例として、感染を引き起こしてしまう細菌、ウイルスなどのバイオエアロゾルの挙動や活性の変化を把握することです。また、バイオエアロゾルと混在する様々な物質がどの様に、エアロゾル中の微生物の活性に影響を及ぼすかについての研究を進めています。微生物の生存寄与する因子がわかれば、それを排除する、又は避けることは感染症対策に繋がるのではないかといった考えです。逆にヒトや動物にとって有益バイオエアロゾルは、活性を保持させて、有効利用に生かす研究にも取り組んでいます。
屋外における調査として全国5拠点での屋外大気エアロゾルサンプリングを推進しており、バイオエアロゾルと混在物質の測定、調査を進めています。結核の患者を追い抜き、増加傾向にある非結核性抗酸菌症の原因菌に地域差が見られていることから、その因子を特定すべく他機関と共同で研究を進めています。実験室における調査では異なる容積、材質の模擬大気チャンバーを保有しており、特定の空間環境におけるバイオエアロゾルの挙動把握も並行してすすめています。
さらに学内の異なる家畜飼育施設にて、オゾンガスや次亜塩素酸水などを活用した家畜の衛生管理に寄与するための消毒方法の実証試験なども進めています。また、現在多くのペットが室内で飼育されていることに鑑みた室内環境、居住者への健康影響についての予備調査を住宅にて実施しています。
これらの研究への取り組みはヒト、動物、環境の健康を統合的に考えて推進していくワンヘルスのアプローチが大きな骨組みになっています。感染症への予防対策から、畜産、農業活動の安定化による食料確保に向けて広く貢献できる研究を目指しています。

担体との混和試験などが可能な2房式擬似大気チャンバー 担体との混和試験などが可能な2房式擬似大気チャンバー
感染性バイオエアロゾルでの試験が可能な擬似大気チャンバー 感染性バイオエアロゾルでの試験が可能な擬似大気チャンバー
牛舎空間における実証試験の様子 牛舎空間における実証試験の様子
産業界等へのアピールポイント(用途・応用例等)

バイオエアロゾルの衛生管理についての検証を牛舎、鶏舎、豚舎などの畜舎空間、犬や猫などのペット飼育空間、また実験室での模擬大気チャンバーなどにて行うことが可能です。さらに、異なる担体とのに混在による空間中のバイオエアロゾル活性保持効果の検証が行えるため、家畜や作物に良い効果を持つ微生物を安定した状態で供給できるかについての試験の実施もできます。実験室にはバイオハザードレベル2に対応した実験スペース、安全キャビネットを保有しており、病原性を持つ微生物の取り扱いもできます。異なるエアロゾル測定装置やサンプラーを保有しており、エアロゾル全般、バイオエアロゾルに特化した捕集が可能です。異なる環境モニタリングから、実験室での再現試験をトータルで実施出来る体制が整っていることが当研究室の強みです。