本学ソフトテニス部が第53回春季北海道学生ソフトテニス大会において男子2部優勝

Date:2021.05.08

NEWS NO.6(2021年度)

本学ソフトテニス部が第53回春季北海道学生ソフトテニス大会において男子2部優勝

本学ソフトテニス部が、第53回春季北海道学生ソフトテニス大会で男子2部優勝を飾りました。このたび、顧問の前田尚之准教授(食と健康学類)からご報告と画像提供いただきましたので掲載いたします。


第53回春季北海道学生ソフトテニス大会が5月7日から旭川で開催され大学対抗戦男子2部において優勝することが出来ました。
新型コロナ禍の中、大会事務局及び旭川市のご尽力により開催されました。大会は選手、監督及び関係者以外入場禁止による無観客試合及び応援は拍手のみ等、感染予防対策が徹底されて実施されました。その中、1、2年生を中心にチームを編成し4年生ペアが引っ張る形で臨んだ結果、ダブルスの三宅 隼・加藤 璃空ペア(共に循環農学類1年)、中野陸人・金城敬之ペア(共に循環農学類2年)及びシングルスの山中 雄翔(食と健康学類1年)が全勝とチームに勢いをつけました。
また、佐々木 宥人(循環農学類4年)・堂本 隼登ペア(食と健康学類4年)も安定した試合運びで優勝に貢献しました。

残念ながら、新型コロナによる棄権校もあり1部2部入れ替え戦は実施されませんでしたが、秋季大会1部昇格を目指して、感染予防に努めながら練習していきたいと思います。
今後ともソフトテニス課外活動へのご支援よろしくお願い申し上げます。

ソフトテニス部顧問
前田 尚之



【参考】関連ページ
◇ソフトテニス部
 https://www.rakuno.ac.jp/archives/club/183.html