大学院生の八田早那子さんが「平成31年度北海道体育学会第59回大会」で若手研究者賞を受賞

Date:2019.12.25

NEWS NO.93(2019年度)

大学院生の八田早那子さんが「平成31年度北海道体育学会第59回大会」で若手研究者賞を受賞

12月14日(土)・15日(日)に、北海道教育大学釧路校において開催された「平成31年度北海道体育学会第59回大会」において、本学酪農学研究科食品栄養科学専攻修士課程2年の八田早那子さん(指導教員:山口太一准教授)が若手研究者賞を受賞しました。

山口太一准教授(左)とゼミの仲間と記念撮影。左から3番目が八田さん

演題内容

マラソンなどの持久的な運動前には糖質を摂取し、エネルギー源を蓄えておくことが推奨されています。しかしながら、運動開始30分前に糖質を摂取すると、運動開始後、筋肉の活動に伴う筋肉への糖取り込みと血糖値を低下させるために分泌されたインスリンの働きによる糖取り込みが相まって、血糖値が急低下する運動誘発性低血糖(インスリンショック)が発生することが知られています。本研究では、朝食摂取後の運動前にスポーツドリンクと同等量の30gの糖質を含む飲料を摂取した場合に運動誘発性低血糖が発生するのかを検証することを目的としました。今回の結果から、朝食を摂取し、運動開始30分前にスポーツドリンクと同等量の30gの糖質を含む飲料を摂取すると、運動誘発性低血糖が発生することがわかりました。また、全身持久力が高い被験者ほど血糖値が低下することもわかり、全身持久力の高い選手ほど運動誘発性低血糖に気をつけなければならないことが考えられました。


受賞コメント

酪農学研究科
食品栄養科学専攻 修士課程2年
八田 早那子さん(室蘭栄高校出身)

スポーツが好きな父の影響を受け、剣道、弓道、陸上など小さい頃から体を動かすことが大好きでした。スポーツをしていると自然と体の仕組みについても関心が持て、この研究をしていてもとても楽しかったです。

将来、病院以外にもスポーツに関わる仕事に就けたらいいなと思っています。相手の方が気づいていない角度からも栄養指導をしてサポートしたり、心と身体もケアできるモチベーションを保たせられるような管理栄養士になりたいです。

今回の受賞について、若手研究者賞を受賞できたことを大変うれしく感じています。指導教員の山口太一先生をはじめ、共同研究者の先生方、実験に協力していただいた方々に厚くお礼申し上げます。本当にありがとうございました。今回の学会で経験したことを活かし、より良い研究につなげ、さらにスポーツの現場に還元できるような研究を続けてまいります。