【重要】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大および防止に関する本学の対応について【まとめ】(5月28日更新)

Date:2020.05.28

危機管理ステージ表

■現在の状況レベル【2】(5月28日更新)

新型コロナウィルス感染拡大防止のための危機管理ステージ表(2020年5月26日以降)

緊急のお知らせ【学園全体に関わる対応状況】

以下、学生・生徒・教職員に対する緊急のお知らせを「大学」「高校」「学園全体」でまとめています。
新型コロナウイルスに関する緊急のお知らせ(第14報)(5月28日更新)

学長メッセージ

学長メッセージ(新型コロナウイルス感染拡大について)(5月7日更新)


新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大および防止に関する本学の対応について

※学生への情報は「Web情報学生支援システムUNIPA(ユニパ)」をご確認ください。

■学生への経済的支援に関すること
1.学納金の納入期限の延期について
2.奨学金について
3.学生支援金について(5月13日更新)
4.「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』について(5月26日更新)
■各窓口・施設の利用について
各種お問い合わせ先一覧

来学・訪問者の皆さんへ

附属動物医療センターの利用について (5月8日更新)
【伴侶動物医療部門】新型コロナウイルス対策のため予約件数を制限しています。ご理解ご協力をお願いいたします。
附属図書館の利用について (5月8日更新)
現在、学外者の入館をお断りさせていただいていております。
学内見学について (5月7日更新)
現在、道外在住の方の見学は受付しておりません。今年度は、団体や学校の受付を中止して、中学生・高校生の個人(5名以下)のみ対応します。

関連リンク(新型コロナウイルス関連)

北海道ホームページ
江別市ホームページ
厚生労働省ホームページ
文部科学省ホームページ
外務省ホームページ

本学関連リンク

酪農学園大学 感染症専門家委員会(学生向け啓発資料)
社会連携センター(地域連携課・国際交流課)
キャリアセンター
附属図書館
附属動物医療センター
酪農学園大学附属とわの森三愛高等学校
酪農学園生活協同組合
 



 
■大学全体に関すること
1.大学キャンパスへの入構規制について
(1) 学生は、授業出席や各種手続き等の場合を除き、北海道の緊急事態宣言解除後も原則として大学内への入構自粛を継続します。ただし、以下の措置を取ります。
①現在、江別市及び道内市町村に在住する学生(寮生含む)は、やむを得ず入構が必要な場合に限り大学へ入構可とします。
②現在、他の都府県に滞在している学生は、6月19日(金)以降道内在住地に戻り、2週間待機した後、健康状態に問題がなければ、やむを得ず入構が必要な場合に限り大学へ入構可とします。
(2) 学内で動物飼育等を担当する学生の入構については、上記(1)①と同様とします。

2. 学生・大学院生の移動対応について
(1) 北海道外からの移動
6月19日(金)~7月9日(木)までの北海道以外からの移動については以下の通りとします。
現在、北海道外に滞在する学生等は、6月18日(木)まで道内への移動は自粛し、6月19日(金)以降道内に戻り、健康観察のため、自宅等で2週間待機してください。(授業は公欠で対応可)
(2) 北海道内からの移動
6月1日(月)以降可とします。
(3) 寮生の対応
(道内の学生)6月1日(月)以降入寮可とします。
(道外の学生)6月19日(金)以降北海道に戻り、戻った日から2週間は直接入寮することができないので、寮以外(近郊のホテル、近親者宅等)で2週間待機し、健康状態に問題がなければ帰寮できるものとします。
なお、寮費・食費の返還等について検討中です。

3.学生・教職員の出張対応について
(1) 海外出張:無期限出張禁止とします。ただし、国家レベルの要請があった場合は学長判断とします。
(2) 教職員・学生の道内出張は、十分な3密回避を前提に認めます。
(3) 教職員の学会、研修会等(道外)・・・7月9日(木)までは原則自粛とします。 
(4) 学生引率を伴う調査、研修等(道外)・・・7月9日(木)まで原則自粛とします。
※(3)及び(4)については、やむを得ない事由で出張する場合は、出張伺いに理由書を添付し、所属長(学群長)が判断します。道外から道内に戻った場合は、健康観察のため2週間自宅で待機し、健康状態に問題がなければ入構できるものとします。

■大学の行事・イベントに関すること
1.2020年度の学事暦の変更について
・授業開始日が、5月14日(木)に変更となっております。
2020学事暦(学生用)20200508

2.前学期の大学礼拝中止について
新型コロナウイルス感染防止の観点から、前学期の大学礼拝は中止します。後学期の大学礼拝については、前学期の授業期間終了時を目処に改めて実施の可否を決定します。
https://rakuno-ce.org/archives/1024.html(キリスト教教育HP)

3.大学主催の各種行事・イベントについて
・学生や教職員の安全の確保を最優先とし、3密を回避し、感染リスクを低減するための環境整備に留意した対応を担当部署で判断し、開催・中止を決定します。
・外部への施設貸し出しは、今年度中止とします。
(1)教育センター関係
・白樺祭の中止
今年の酪農学園大学白樺祭は7月4日(土)・5日(日)を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの影響により中止いたします。なお今後の状況により中途開催の可能性もありますので、ホームページ等の情報に注意してください。
・春の食生活改善運動(100円朝食)の中止
今年の春の食生活改善運動については新型コロナウイルスの影響により中止といたします。なお、秋の食生活改善運動については今後ホームページ等の情報に注意してください。
・教員免許状更新講習および免許法認定講習の中止
https://www.rakuno.ac.jp/archives/9805.html 2020(令和2)年度 教員免許状更新講習および免許法認定講習中止のお知らせ
(2)入試広報センター関係
・以下の本学単独入試説明会は中止します。
5月9日(土)東京、5月10日(日)大宮、5月24日(日)名古屋、6月13日(土)福岡、6月27日(土)大阪、仙台
・6月、7月のオープンキャンパスを中止しました。
6月21日(日)第1回オープンキャンパス → 中止
7月26日(日)第2回オープンキャンパス → 中止(WEBオープンキャンパスを検討中)
※その他の行事は本学の外出自粛およびイベント開催制限の緩和措置に準じて対応します。
(3)社会連携センター関係
・短期研修学生:アメリカ・フィンドレー大学中止
・海外招聘研究者:タイ・タマサート大学延期、カナダ・サスカチュワン大学7月受入予定
・JICA短期研修・長期研修(5月):9月以降に延期予定
・大動物臨床教育セミナー及び市民公開講座:中止
(4)キャリアセンター関係
・5月11日(月)公務員獣医師職合同説明会:中止
※獣医学類6年生、獣医学研究科4年生に限り、採用問合せ先をUNIPAにて配信済
(6)その他
・7月4日(土)に予定していた大学開学60周年記念事業は中止とします。
・10月9日(金)、10日(土)に予定していた保護者懇談会は中止とします。

■授業・履修に関すること
1.授業の実施について
2020年度授業方法について(学生用)_20200508
(1) 2020年度授業開始日(新入生、在学生、大学院生全て同一)
①4月16日(木)から5月13日(水)まで、全授業を休講とします。
②5月14日(木)より前期授業を開始します。
③北海道が緊急事態宣言の対象期間中は、全ての授業は遠隔授業で実施します。
④北海道が緊急事態宣言の対象解除後も、安全のため感染予防を行う必要があり、「講義」については、前学期は全て遠隔授業で実施します。
⑤北海道が緊急事態宣言の対象解除後、演習、実験、実習、実技に関しては、感染拡大防止策を最大限講じ、感染リスクを出来る限り排除して実施することができると担当者が判断し、事前に学群長と教育センター教務担当部長が許可したものは、対面授業を可とします。
⑥今後、感染拡大の状況により変更がある場合は改めてお知らせします。
(2)遠隔(オンライン)授業の実施
①遠隔(オンライン)授業は、主にオンライン教材を用いたオンデマンド型の遠隔授業を行います。スライド資料や講義形式の動画等を教材として e-learning システム等を準備し,学生は教室や教室以外の場所(自宅を含む)において、PC、タブレット、スマホ等を用いてインターネットに接続して授業を受講します。
②オンライン授業に必要な通信環境
オンライン授業を受講するには、学生のみなさんそれぞれに通信機器〔パソコン〈推奨〉(タブレット端末、スマートフォンでも可。いずれの場合も、カメラ付きのもの)及びインターネット環境を準備いただく必要があります。大学内のほぼ全ての場所(教室、図書館、中央館ロビー等)でwi-fi接続が可能です。
(3)休暇期間の活用について
夏季休業、冬季休業、春季休業は、授業(講義・実習)時間確保の為に活用する場合があります。今後、感染拡大の状況により、上記内容の変更もありますので、その場合は改めてお知らせいたします。

2.実験・実習・演習の対面授業開始の方針について
演習、実験、実習、実技に関しては、感染拡大防止策を最大限講じ、感染リスクを出来る限り排除して実施することができると担当者が判断し、事前に学群長と教育センター教務担当部長が許可したものは、対面授業を可とします。
実験・実習・演習の対⾯授業開始にあたっての本学の方針

3.前期開講科目の対面方式による試験の中止について
15週目に実施する前学期試験について、3密を回避し、その期間内で対応できる教室が準備できないため、対面方式では行わずに、教員各自で工夫を凝らした成績評価を行います。
前期開講科⽬の対⾯⽅式による試験の中⽌について

4.履修登録について
(1) 履修登録期間
4月24日(金)~ 4月30日(木)
・授業科目のシラバスについては、遠隔での授業の実施等により、現行の授業計画や実施方法等に変更が生じる場合があります。シラバスを随時確認のうえ、履修登録をしてください。
・オンラインによる遠隔授業を行う科目について、教員が教材を公開した場合は UNIPA での履修登録以降に e ラーニングページで閲覧可能になります。(登録期間中に随時反映)
・UNIPA以外での履修登録が必要な場合(他学類受講、他クラス受講など)は、別途連絡します。
(2) 履修登録内容確認・変更
5月11日(月)~5月12日(火)
・UNIPA の「学生時間割表」で履修登録の内容を確認してください
・登録内容を変更する場合は、別途案内する方法で手続きを行ってください。
・感染防止のために履修人数制限(抽選)を行う場合があります。抽選により履修できなくなった科目分については、他科目の追加を受け付けます。
(3) 注意事項
・疑問がある場合、履修登録内容確認・変更期間内に所定の方法で問合せください。
・履修ガイドに記載のとおり、科目によって講義計画等により履修者を制限する場合があります。
・履修制限単位については、年間 48 単位、半期 26 単位が上限となります。
・今年度の事情に関係なく、基本はシラバスをよく読んで履修科目を決めることになっています。初回授業を受講後に履修科目を選択することは、本学の履修制度上設けておりません。
※授業開始日等のスケジュールは、今後変更される可能性があります。変更が生じた場合は、随時UNIPA にてお知らせいたします。

5.教科書の販売について
・教科書は酪農学園生協で販売しますが、店頭での教科書を選ぶ形式を行わず、すべて『教科書注文サイト」からのWeb注文、もしくはFAXでの注文となります。詳しくは、生協のHPで確認してください。
酪農学園生協HPhttps://www.hokkaido.seikyou.ne.jp/rakuno/

6.教育センターの対応について
2020年5月28日付、新型コロナウイルスに関する緊急のお知らせ(第14報)を受けて、教育センターの対応方針を以下にまとめました。
教育センターとしては当面の措置として、6月1日(月)以降も対面での相談を休止し、UNIPA・メールでの相談を継続して行います。
しかし、緊急の場合や必要と判断した場合は、対面での相談を行うことがありますのでご了承ください。
1.閉鎖する期間
当面の措置として、2020年6月1日(月)~ 6月30日(火)の期間は終日閉鎖とします。
2.対象施設
教務課、教職課程指導室、共通教育開発室、学習支援室
学生支援課、医務室、学生相談室、健民館(合宿所・アリーナ・トレーニングセンター)、グラウンド、テニスコート、健身館
3.相談内容と利用方法
◎学生支援課
TEL:011-388-4122 e-mail:rg-gakus@rakuno.ac.jp
・奨学金関係の相談について
・部活動、医療互助会について
・休学・退学について
 電話対応になります。
 面談を希望する場合は事前に電話で相談時間を予約して下さい。
◎教務課
TEL:011-388-4125 e-mail:rg-kyoum@rakuno.ac.jp
・遠隔授業の受講に関する相談・問い合せ
・学内施設の利用について
 パソコン等がない場合、本学のPC教室(A1-301、A1-304、およびA2-505)や図書館7階のオープンPCフロアを利用することができます。
 また、通信環境がない場合、Wi-Fiが利用できる教室を限定して開室します。利用の際は、隣の人との距離を保ち、マスクとイヤホンを着用してください。
 なお6/1より、限定して開室する教室を変更します。詳しくは5月29日(金)までにUNIPAでお知らせ致します。
・各種証明書の発行
 原則郵送となります。詳しくはHPにてご確認下さい。
※急を要する場合は電話対応になります。
※内容によっては、返信に時間がかかる場合がありますので予めご了承ください。
◎教職課程指導室
TEL: 011-386-1383 e-mail: kyoushok@rakuno.ac.jp
・教職課程指導に関する相談について
◎共通教育開発室・学習支援室
e-mail:hope-jm@rakuno.ac.jp
・学習支援アドバイザーへの相談について
 UNIPA・メール等対応に加え、遠隔での学習サポートを行います。詳細は改めて共通教育開発室から情報が配信される予定です。

7.大学院科目の対応について
(1) 特論、特別講義、特殊講義  → 遠隔での実施となります。
(2) 演習  → 大学の演習、実験、実習、実技と同じ扱いとします。
(3) 特別実験・実習・調査  → 大学の演習、実験、実習、実技と同じ扱いとします。
(4) 特別研究・研究実験、総合研究 → 大学の演習、実験、実習、実技と同じ扱いとします。
※演習・実験・調査・研究が含まれない科目も、(1)講義と同じ扱いとします。
※ただし、遠隔で実施可能な内容(例:文献紹介、研究報告会など)は原則、遠隔で行います。
※対面での実施の際は、いずれも、研究室の担当教員の指導に従ってください。

■学生生活/課外活動
1.新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口の開設について
・フリーダイヤル 0120-567-793 開設時間 祝日を除く月曜日から金曜日の9:00~16:30
・専用アドレス rg-corona@rakuno.ac.jp
コロナ対策相談窓口開設文書

2.日常生活への注意喚起
(1)新型コロナウイルス感染症に感染するリスクを極力低減するため、以下の事例を参考にしてください。
・十分な睡眠と栄養で体調を整えて、こまめな石けんでの手洗いやアルコール消毒を行う。
・不要不急の外出は控える。
・体調管理に注意し、風邪の症状や発熱(37.5 度以上)がある場合は自宅待機として下さい。
・一人暮らしの方は数日の食料確保を事前にしておくことが望ましいです。
・現在、政府は風邪の症状や 37.5℃以上の発熱が 4 日以上続いている場合には、医務室や医療機関に電話をして受診をすることを推奨しています。
・やむを得ず外出する場合も、人混みを避け、マスクを着用し短時間で済ませる。
・自宅を含めた複数人での会食の機会も避けてください。
・屋内では十分な換気(一般的に1時間毎に5~10 分程度)に努めて下さい
学生_体調管理のお願い(2020年5月12日一部修正)
(2)感染が疑われる場合や、濃厚接触した場合の対応について
感染が疑われる場合や、感染された方と濃厚接触した場合は、以下のフロー図を参考に行動してください。
疑い者発生時のフロー(2020年5月12日改正)
濃厚接触発時のフロー
(3)新型コロナウイルス感染症に関する情報について
・状況は日々変化しており、厚生労働省のホームページなど正確で信頼できる情報源から最新の情報を確認して行動してください。
《問い合わせ先》
学生支援課(電話011-388-4122、メールrg-gakus@rakuno.ac.jp)
教務課(電話011-388-4125、メールrg-kyoum@rakuno.ac.jp)
国際交流課(電話011-388-4132、メールrg-iad@rakuno.ac.jp)
医務室(電話011-386-1024)

3.学生の課外活動、合宿の対応について
学生の課外活動および合宿は、原則、前学期中(9月22日まで)は禁止とし、状況に応じて活動開始の判断を行います。
当面の措置として、6月30日(火)まで、健民館(合宿所・アリーナ・トレーニングセンター)、グラウンド、テニスコート、健身館は終日利用停止とします。
また、本学で開催する課外活動の大会については、現時点では無期限中止とします。

4.アルバイトについて
北海道庁の経済部では、「北海道短期おしごと情報サイト」を立ち上げて、人材を必要としている企業などの求人情報を提供しています。アルバイト先が無くなり困っている学生の方はご覧ください。
北海道短期おしごと情報サイト(北海道経済部労働政策局産業人材課)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/jzi/oshigoto.htm

5.就職活動・キャリアセンターについて
2020年5月28日付、新型コロナウイルスに関する緊急のお知らせ(第14報)を受けて、キャリアセンターの対応方針を以下にまとめました。
相談内容と利用方法
1.就職・進路相談・問合せ:原則、電話・メール対応となります
2.書類添削:原則、メール対応となります
3.面接練習:原則、Web対応となります。事前に電話・メールでお問合せください。
4.キャリアセンターで会社面接を行いたい場合:自宅でのWeb面接が困難な学生(道外の帰省地等から北海道の在住地に戻った場合は、2週間待機して健康状態に問題がないこと)のみとします。事前に電話・メールでお問合せください。
5. 各種証明書:電話・メールでお問合せください。郵送を希望される場合は下記を参照してください。
https://www.rakuno.ac.jp/life/certificate.html
照会先:キャリアセンター https://career.rakuno.ac.jp/
電話011-388-4135、E-mail rg-career@rakuno.ac.jp

■学生への経済的支援に関すること
1.学納金の納入期限の延期について
https://www.rakuno.ac.jp/archives/9241.html

2.奨学金について
・奨学金関係の相談については、学生支援課にて電話対応になります。面談を希望する場合は事前に電話で相談時間を予約して下さい。
学生支援課(電話011-388-4122、メールrg-gakus@rakuno.ac.jp)

3.学生支援金について
(1) 支給対象者:5月14日時点の修学者(それ以降前学期中の復学者も対象)とします。なお、科目等履修生および研究生は除きます。
(2) 支給方法:外部送金サービスを利用することとし、支給開始日は決定次第UNIPAより周知します。
https://www.rakuno.ac.jp/archives/9878.html

4.「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』について
https://www.rakuno.ac.jp/archives/10039.html