農食環境学群(循環農学類・食と健康学類・環境共生学類)獣医学群(獣医学類・獣医保健看護学類)より広く学べる2つの学群、5つの学類
酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群 > 全件表示 > ニュース > 本学学生が第1回全国病院レシピコンテストで銀賞を受賞

トピックス

本学学生が第1回全国病院レシピコンテストで銀賞を受賞

2016.05.18ニュース

NEWS NO.26(2016年度)

本学学生が第1回全国病院レシピコンテストで銀賞を受賞

 食と健康学類3年(当時2年)の宮本彩加さんが考案した「はちみつトマトのミルフィーユ」が、3月25日に発表された第1回全国病院レシピコンテストの低カロリースイーツ・学生部門で、銀賞に選ばれました。これで、宮本さんは連続3回目の銀賞受賞となります。

 このコンテストは、病院レシピの普及を目的に、(一社)地域健康社会研究所が主催、NPO法人北海道病院協会、(公財)北海道栄養士会などの共催で2014年から開始され、今回は初めての全国大会となりました。

 全国の管理栄養士、栄養士を対象としたプロ部門には53件が、また、栄養学科がある大学等に在籍する学生を対象とした学生部門には11件の応募がありました。審査の結果、プロ部門の金賞5作品、銀賞10作品、入選20作品と学生部門の金賞5作品、銀賞4作品が選ばれました。両部門、金賞に選ばれた作品の中から最優秀グランプリが各1作品決定しました。

 

★学生部門 銀賞 宮本 彩加さん

UNKNOWN_PARAMETER_VALUE

「はちみつトマトのミルフィーユ」

応募レシピのテーマ:身近な食材を利用して家庭でも美味しく再現できるレシピ

条件:1食100kcal 以内の低カロリースイーツ

レシピ(PDFファイル)

 

 

 

IMG_5290 (532x800)

 「今回は単独での応募でしたので、レシピを決めるまでが大変でしたが、3回目の銀賞を受賞することができて嬉しいです。

 スイーツ部門の応募は2度目ですが、前回のビスコッティーで「彩りがあった方が良い」と、審査員からアドバイスをいただいたのでそのことを参考にして、彩りを意識しました。

 また、「親しみやすいお菓子」&「オリジナリティ」を求められていることを考えて、今回はケーキ感を出してみました。

 春巻きの皮をオーブンで焼き、ハチミツに漬けたミニトマトと豆乳クリームをミルフィーユ風にサンドしました。

 野菜を使うことも条件のひとつだったので、彩りと自分の好みを加えてミニトマトを選びました。

 春巻きの皮は餃子の皮より低カロリーで、オープンで焼くと生地に調度良いのでおすすめです。

 また、ミニトマトの甘さとハチミツの相性が良いうえ、ミニトマトに含まれるリコピンは生活習慣病・老化予防に効果があります。これは乳和食の受賞作品で試したのをきっかけに更にアレンジを加えました。

 第1回目のコンテストで先輩たちが金賞を獲ったとき、私は1年生でした。チャレンジしてみたいという気持ちはありましたが、まだ献立の作り方など何も分かりませんでしたので2年生になってすぐに応募しました。

 低カロリースイーツ、乳和食、生活習慣病どの部門にチャレンジしても自分の腕を磨く勉強になると思いますので、後輩たちにもぜひ、がんばってもらいたいです」。

■1回目の銀賞→https://www.rakuno.ac.jp/article-37177.html
■2回目の銀賞→https://www.rakuno.ac.jp/article-39631.html

■地域健康社会研究所HP「地域けんこうnet」⇒第1回全国病院レシピコンテスト(低カロリースイーツ部門)




Recommended

sns sns sns