寺岡 宏樹

獣医学類

寺岡 宏樹 てらおか ひろき

教授

研究室番号
B3-201
取得学位 博士(獣医学)
研究室・ユニット名 獣医薬理学
研究テーマ 薬と有害物質の生体作用に関する研究
学びのキーワード 毒物代謝環境ゼブラフィッシュ
教育・研究への取り組み 新薬開発には莫大な費用と労力が必要です。培養細胞は動物生体と影響が異なることが多々あるため、補完する方法として下等動物が注目されています。小型熱帯魚であるゼブラフィッシュはその代表格です。代謝酵素の違いが動物種差の主な原因なので、哺乳動物の代謝酵素を発現させたトランスジェニック・フィッシュを作成しています。このほか、日本では北海道でだけ繁殖するタンチョウの研究でも成果を上げています。
受験生へのメッセージ COVID-19の影響で創薬の重要性がクローズアップされています。獣医師はこれまで製薬会社など人体用医薬品の創薬でも大きな役割を果たしてきました。現状では多くの人体用医薬品が動物にも使用されているのですが、今後は動物特異的な疾病を直すための薬をたくさん、獣医師の主導で作ってほしいと願っています。