堂地  修

循環農学類

堂地  修 どうち おさむ

教授 学長

研究室番号
C7-302
取得学位 博士(獣医学)
研究室・ユニット名 家畜繁殖学
研究テーマ 牛の人工授精、胚移植、体外受精、繁殖管理、肉牛の飼養管理に関する研究
学びのキーワード 繁殖人工授精受精卵移植体外受精肉牛乳牛
教育・研究への取り組み 家畜繁殖学研究室は、牛の人工授精、受精卵移植、体外受精の技術改善とこれらの繁殖技術の効果的な利用方法について、実務的に学びながら研究しています。家畜繁殖技術に関する専門知識や技術の修得により、人工授精師、酪農・肉牛の経営者、畜産関係機関の職員、そしてヒトの生殖補助医療の技術者(エンブリオロジスト)などの職業につながります。
受験生へのメッセージ 本学には酪農・肉牛農場があり、大学近隣には教育や研究に協力していただける農家や関係機関も多く、家畜繁殖学を学ぶための環境に恵まれています。家畜繁殖学は、実際の繁殖管理をとおして技術とその活用方法について実務的に学ぶとことで、その面白さが深く理解できるようになります。家畜の繁殖やヒトの生殖補助医療について学びたい人は家畜繫殖学研究室を訪問してください。
関連記事
研究室探訪