小林  道

食と健康学類

小林  道 こばやし とおる

准教授

研究室番号
C3-106
取得学位 修士(臨床福祉学)
研究室・ユニット名 給食栄養管理
研究テーマ 栄養および食習慣が人々の健康に与える影響を科学的に明らかにする
学びのキーワード 管理栄養士給食栄養管理食習慣栄養疫学食事調査
教育・研究への取り組み 給食栄養管理研究室では、集団を対象に調査を実施し、疫学的手法により栄養・食習慣と健康や疾患との関連性を明らかにする栄養疫学研究を進めています。管理栄養士が活躍するフィールドは、個人だけでなく集団を対象とする場合が多く、栄養疫学の方法論は栄養管理の基盤となります。当研究室では、これに関係した研究に取り組むことにより、論理的思考と豊かな実践力を備えた管理栄養士を育成することを目指しています。
受験生へのメッセージ 「食」は誰もが関わることから、人々の関心度が非常に高いため、テレビやネットでは食と健康に関する情報があふれています。しかし、その情報の信頼性を判断するためには、栄養を科学的に理解するための知識と技術が必要です。管理栄養士になるために学ぶ内容は、仕事に役立つだけでなく、自分の人生を豊かにするための一生の宝物になります。「土から血液」までを学べる本学で、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
関連記事